Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

ニュース

大宮の選手が選んだMVPは?

2016年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人に今季のベストプレーヤー候補トップ3を選んでもらった。ここでは、大宮アルディージャの5選手が選出したトップ3と投票理由を紹介する。 ●江坂 任(MF)1位▶大久保嘉人(川崎/FW)2位▶レ…

「中国は本当の意味で選手がプレーしたいと思うリーグではない」クロップが語る

23日、ブラジル代表MFオスカルはチェルシーを離れ、中国スーパーリーグの上海上港へ移籍する決断をした。チェルシーではアントニオ・コンテ監督のもとでなかなか出場機会を得られていないが、実力は折り紙つきのオスカル。それだけに驚きの声も上がっている…

ラフィーニャ、ブラジル4部のチームに加入

ラフィーニャは2007年にアビスパ福岡でプレーし、2010年に再び来日。ザスパクサツ群馬(当時ザスパ草津)に加入。活躍が認められ、2011年途中にG大阪へと移籍し、2012年途中までプレー。その後は蔚山現代へと移籍した。 2014年7月にJリーグに復帰し、横浜FM…

ジェフ千葉がMF羽生直剛を完全移籍で獲得へ 

FC東京のMF羽生直剛(37)がJ2千葉に完全移籍することが24日、確実になった。複数の関係者によると、2009年以来8年ぶりのJ1復帰を目指す千葉が、元日本代表MFに正式オファー。羽生は8年間在籍したFC東京への愛着もあったが、10年ぶ…

G大阪・大森が神戸移籍明言 川崎F移籍の阿部は「言えない」

G大阪MF大森が神戸移籍を明言した。「下部組織から育ててもらったクラブやし寂しさはある。眠れなかった。でも人生は一回きり。サッカー人生はもっと短い。色んなことを経験したかった」と中学1年時から12年間在籍したクラブを離れる決意を表明。 また…

不可解判定に激怒!鹿島4強も石井正忠監督「レフェリーもレベルアップしないと」

勝利の余韻は吹き飛んでいた。FW赤崎の決勝点で6年ぶりの4強入りを決めた広島戦後。鹿島の石井正忠監督(49)が会見で、「最後にいいですか」と、自ら切り出した。「Jリーグを強くしていくためにタフな試合をしていく必要があります。レフェリーのジ…

香川真司 正念場の背番号10

日本にとってヤマ場だった9月6日のイラク戦。ハリルホジッチ監督にとっては自身の進退がかかった一戦で、攻撃の要となるトップ下を託したのは、香川ではなく清武だった。それどころか、同点で終盤を迎え、どうしても1点がほしい場面でも、27歳に声がか…

G大阪、主力大量流出の危機判明

主力級が大量流出の危機にあることが判明した。 DF岩下が福岡、MF大森が神戸、DF西野が千葉への移籍が濃厚。他にもMF阿部、内田も他クラブからのオファーがあるようで、FWパトリックは右膝負傷で退団確実となっている。 一方で日本代表FW小林(…

中村憲剛、悔いが残らないように

36歳でのMVPは史上最年長。授賞式で「カズさん(三浦知良=横浜FC)は別格で、36歳の自分はまだまだ」と話していた中村は、自身の将来については「わからない」と述べつつ、さらに前進していくことを誓った。 「先のことはわからないです。36歳でMVPを取ると…

G大阪 名古屋・田口に正式オファー 

G大阪から正式オファーを受けた名古屋MF田口 G大阪が名古屋の元日本代表MF田口に正式オファーを出したことが分かった。田口には鳥栖と柏、J2京都も獲得に乗り出しており、4クラブでの争奪戦に発展。次代の司令塔の動向に注目が集まる。 名古屋はク…

去就が注目される齋藤学。今は「F・マリノスを強くするために戦う」

意外にも、横浜の一員として初めて蹴るPKだった。愛媛に期限付き移籍していた11年にキッカーを務めたことはあったものの、横浜には中村俊輔やマルキーニョス(12~13年に在籍)といった成功率の高い“名手”が存在した。今季に関しては「蹴ろうと思ったらカイ…

GK榎本達也が引退

榎本はクラブを通じ、「高校を卒業してから、大した選手でもない自分が現役生活を20年も続けてこられたのは、たくさんの方に支えてもらったおかげです。特にどんなにつらい時も常にそばで励ましてくれた妻と3人の子供には感謝してもしきれません。 来シー…

ゴン中山来年50歳も現役続行へ

9月に50歳となる来年もクラブとの契約を更新する予定で、札幌時代の12年以来5季ぶりのJリーグ復帰となる。両膝のけがで12年末に1度は引退したが、昨年9月に現役復帰。今季までJFL出場は果たせなかったが、膝の状態は上向いているため、公式戦…

トップ下で試行錯誤続ける大迫「もどかしさもある」

ブンデスリーガは21日、第16節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでレバークーゼンと対戦し、1-1で引き分けた。大迫は2トップのトップ下でフル出場。「いい時間帯に点を取れたけど、あの時間帯にああいう感じで失点したら勝てないかなと思う」…

ナビスコカップハイライト20161224

www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com まあ、比較的順当な結果ですかね。 次は29日です。 延長は大宮だけですが、少し不利というわけでもないでしょうね こんだけ空いてれば、むしろ次節コンディションよくなっている可能性も …

“タイのメッシ”が札幌と仮契約締結! 同国初のJリーガーに

北海道コンサドーレ札幌は22日、ムアントン・ユナイテッド所属のMFチャナティップ・ソングラシン(23)と仮契約を締結したことを発表した。契約期間は2017年7月1日から2018年12月31日まで。“タイのメッシ”の異名を取るチャナティップは、Jリーグに所属する初め…

清武弘嗣「自分はウッチーのようにできるだろうか」

―自身が考える、代表のトップ下の役割とは? 「監督が求めるのは、あまりサイドに流れずに中央でできるだけ岡ちゃん(岡崎)やサコ(大迫)の近くにいろ、ということ。でもシンジくん(香川)とか僕は、ボールを触らないと生きない。動きながらリズムをつく…

川崎フロンターレ・中村憲剛が抱く矜持

■ライバルたちに認められた頑張り所属チームの成績と連動しているという、特にプロ野球に代表される他のスポーツの慣例と照らし合わせれば、年間順位で3位だったフロンターレからの選出は意外に思われたかもしれない。それでも24回の歴史のなかで、J1の年間…

<ベガルタ監督欧蹴記>高いチームの一体感

欧州視察は2013年冬に受けたS級ライセンス(日本サッカー協会公認の指導者免許)の海外研修以来、3年ぶりだ。 J1仙台は11月27日のミーティングをもって今季の活動を終了。その後もリハビリテーションを継続したり、自主練習をしたりする選手たち…

川島永嗣が帰国 Jリーグ復帰否定

今季から加入したメスでは出場機会を得られず厳しい状況が続いているが、Jリーグ復帰の可能性については否定した。 川島は「いろんな可能性を考える中で、Jリーグも素晴らしいリーグでポテンシャルもある。可能性の一つとして頭の中で考えたことはある」と…

矢野、古巣新潟へ移籍

J2に降格した名古屋グランパスの元日本代表FW矢野貴章(32)が、古巣の新潟へ完全移籍することが20日、決定的になった。関係者によると既に新潟と合意し、グランパス側にも移籍の意思を伝えた。矢野は来季まで契約を残しており、クラブ間で移籍金の…

解説者の玉乃淳氏が、2016年で最も「パスが上手かった」上位3名を選出

3位 中村憲剛 「『パス』と言ったら、中村憲剛。そう言っても過言ではないでしょう。もはや絶滅危惧種みたいになっている、トップ下の位置から本当のスルーパスを出せる選手です。『このパスが通れば、あとは決めるだけ』というパスをスパッと出せる。ボール…

横浜FM・中村俊輔について、今野泰幸は「別格。出てこられたらイヤな選手」と警戒

指揮官と選手は一様に警戒感を口にした。「やはりセットプレーの精度はピカイチ。公式戦からだいぶ遠ざかっているが、試合に出てくる以上はしっかりとやれるコンディションにあると思う」と話したのは長谷川健太監督だ。 そして、日本代表でともに2010年のW…

C大阪MFソウザ 完全移籍での獲得濃厚

来季のJ1昇格を決めたC大阪が、期限付き移籍で加入していたMFソウザ(28)を完全移籍で獲得することが22日、濃厚となった。クラブ関係者によると、代理人サイドを通じて保有元のブラジル1部クルゼイロと交渉。複数のクラブが興味を示していたが、…

槙野智章を小柳ルミ子が驚かす 1年間で2190試合見た

第8回は、歌手でタレントの小柳ルミ子(64)と、サッカー界の“お祭り男”J1浦和の日本代表DF槙野智章(29)の異色対談が実現。前編では、意外にもサッカー通だった小柳が12年間つづってきた観戦記「ルミ子ノート」を本邦初公開!? これに感動した…

LED看板の動くサンタを味方と勘違いしてパスを出すチアゴ

streamable.com 英語のサッカーフォーラムなどから海外の反応をまとめました <バルセロナサポ>・アハハ、これは面白い 彼のことは非難出来ないよ!<ブレーメンサポ>・チアゴのFCサンタクロース行き決定 ※FCサンタクロース・・・サンタクロース村がある …

J2群馬新監督に森下?

J2群馬の来季監督に磐田、鳥栖を率いた経験を持つ森下仁志氏(44)が浮上していることが11日、複数の関係者への取材で分かった。 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/12/kiji/K20161212013891370.html 負けた試合のインタビューで 全然内…

マテラッツィがSNS炎上覚悟でジダンとの“頭突き事件”を掘り起こす

事件が起こったのは延長後半5分だった。マテラッツィはこの試合でジダンに対して厳しいハードマークを見せていたほか、ピッチ上で何度も“暴言”を吐いたとされている。ジダンはマテラッツィの“挑発”に乗る形で頭突きを敢行。この結果、ジダンは一発退場を受け…

第二の井手口を探せ!川端暁彦が予言する「ブレイクしそうな若手選手」

先日発表になった『GOAL25』。国内外の日本人選手をピックアップする中、最年少で“メンバー入り”となったのは20歳の井手口陽介(G大阪)だった。井手口は先のJリーグアウォーズでベストヤングプレーヤー賞も受賞。今季は日本代表入りも果たし、ブレイクスル…

モウリーニョ、干した選手に対して罪悪感を持っていた

モウリーニョ監督は「マルコスとフィル・ジョーンズについては、本当に嬉しく思っている」と、ここ数週間で復活の兆しを見せているDFフィル・ジョーンズやDFマルコス・ロホのプレーに満足しながらも、彼らと同じようにデパイやヤングにもチャンスを与えなか…

OB福田正博が考える、 「浦和レッズが真の王者になれない原因」

浦和は、2試合トータル180分の120分あたりまではリアリストに徹することができていた。リーグ戦ではパス回しで相手を押し込みながら攻撃を組み立てていたが、チャンピオンシップでは中盤でボールを奪われてからの速攻を警戒し、早いタイミングでサイドに展開…

フランクフルト、長谷部と2018年まで契約更新

フランクフルトは20日、日本代表MF長谷部誠と契約を更新したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までとなっている。 長谷部の契約更新に際し、フランクフルトのフレディ・ボビッチSD(スポーツ・ディレクター)は、「(長谷部)誠は我々のパズルにとっ…

福満 隆貴選手 セレッソ大阪へ完全移籍のお知らせ

<コメント> 2年間ありがとうございました! 皆様の前で直接挨拶が出来なくて残念です。レノファに来てJ3優勝とJ2昇格という素晴らしい経験が出来たのは僕の宝物です! これからも福満隆貴という選手を応援して頂けたら嬉しいです。 2年間本当にありがと…

J1復帰の札幌、キム・ミンテと金園が完全移籍で加入

北海道コンサドーレ札幌は22日、ベガルタ仙台からMFキム・ミンテ、FW金園英学を完全移籍で獲得したと発表した。 札幌加入に際してキム・ミンテは、「来季より札幌に加入することになりましたキムミンテです。札幌で自分の長所を活かし、1つでも多くチームの…

グレミオが横浜FMからカイケのレンタル希望

ブラジルの強豪グレミオが、J1横浜F・マリノスのブラジル人FWカイケを期限付き移籍で獲得することを希望しているようだ。21日付の『UOL』などブラジル複数メディアが伝えている。 現在28歳のカイケは、2016年シーズン開幕後の3月にフラメンゴから横浜FWへ完…

進め!ギラヴァンツ北九州  どう増やす 平均入場者数 J2最下位

●地域と交流 もっと 降格を機に再考して 来季の開幕をJ3で迎えるギラヴァンツ北九州。戦う舞台は変わっても、地域にとって重要なプロサッカーチームであることは変わらない。伸び悩んできた観客動員を向上させ、真に市民に愛されるクラブになるには「とに…

ベガルタ仙台が浦和レッズFW石原直樹を期限付き移籍で獲得へ

J1ベガルタ仙台が、浦和から元日本代表候補FW石原直樹(32)を獲得することが20日、分かった。関係者によると、期限付き移籍で、近く正式発表される。 石原は相手DFラインの裏を突く鋭い飛び出しや豊富な運動量、得点感覚に優れるストライカーで、…

トルコ代表FW、バス運転手とケンカ…SNSで一部始終を記録

今年から中国に活躍の場を移し、元日本代表監督のザッケローニの下でもプレーしたトルコ代表FW。今までピッチ上で幾多のディフェンダーを困らせてきたが、今度はピッチ外で迷惑行為に及んでしまったようだ… 今年から中国に活躍の場を移し、元日本代表監督の…

磐田、ウズベク代表MFムサエフを獲得

ウズベキスタン代表歴を持つムサエフは、身長187cmの長身MF。中盤のほかにセンターバックもこなすことができるという。 27歳の同選手はクラブ公式サイトでムサエフはこのことに触れ、「ウズベキスタン国籍選手として、初めてJリーグでプレーできることをとて…

もし鹿島がリーガに入ったら? レアル番記者に聞く。

鹿島のプレーぶりをスペイン人記者はどう見たのか? レアル・マドリーの番記者を務めるアルベルト・ピニェーロ氏に話を聞いた。「鹿島はスペインで言うとどのくらいのランク、レベルに映りましたか?」という問いかけに対し、「この試合だけを見て評価するのは…

大迫勇也の真骨頂、数字に表れない貢献にも光が当たる

2016-17シーズンが開幕した夏以降のみを判断材料にするなら、もっと上の順位に収まっていたはずだ。それほど今季の大迫勇也は充実した働きを披露している。ブンデスリーガ第14節終了時点の成績は14試合出場(13先発)・2ゴール・3アシストと、とかくゴール…

ブンデス2部選手が銃撃される

ブンデスリーガ2部のディナモ・ドレスデンは、公式サイトでDFマルク・バクス(21)が銃撃されて重傷を負ったと公表した。 事件があったのは12月20日の朝で、セカンドファミリーといたところに男が押し入り、銃を発砲したのだという。病院に搬送され、緊急手術…

名古屋グランパス 小林 裕紀選手、移籍加入のお知らせ 

◇コメント「このたびアルビレックス新潟から加入することになりました小林 裕紀です。名古屋グランパスという歴史あるクラブの一員になれることを心から嬉しく思っています。名古屋が1年でJ1へ復帰するために全身全霊をかけてファン・サポーターの皆様のた…

元日本代表MF西紀寛が現役引退

沖縄SVは21日、MF西紀寛(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。 クラブを通じ西は「チームの目標であるJFL昇格ができないままの引退になるのは残念ですが、自分自身の次なるステップに進むことを決めました。みなさま、1年間本当にありがとうございまし…

Jリーグ期待はずれ11

Foot!セレクト2016Jリーグ期待外れ11 うーん、期待してたよりは活躍できなかったねってことですか? アデミウソン、大久保、鎌田は十分活躍したと思いますけど。 ちょっとこの3人はどれだけ期待してたんだよ。と言いたくなります。 少なくとも期待外れで…

エースの造反。チームの混乱。それでもジュビロがJ1に残留できたわけ

―― ジュビロ磐田にとっては3年ぶり、名波浩監督にとっては初めてのJ1での戦いとなった今シーズン。その1年を振り返ってみて、率直な感想を聞かせてください。「自分たちがやっていることはブレてないし、”規律と自由”という一見すると相反するものを求めなが…

元日本代表MF橋本英郎、東京ヴェルディへ

J2東京ヴェルディは20日、元日本代表MF橋本英郎が完全移籍で加入すると発表した。同選手は東京ヴェルディの公式サイトを通じて「来シーズン、クラブの新たなチャレンジに共感し僕も一緒に頑張りたいと思い移籍してきました。チーム内での競争を活発に行って…

岡山FW押谷祐樹、名古屋に完全移籍のお知らせ

◇コメント「名古屋で生まれ、3歳まで育った僕にとって名古屋グランパスは特別なクラブのひとつです。ジュビロ磐田のジュニアユースやユースに所属していた時も試合で何度も三好には来ています。また、FC岐阜に所属していたとき、プレシーズンマッチの名古屋…

何食べてどんなトレーニングしたら…もう化け物やん 長友が36歳でMVP受賞の憲剛に驚愕

川崎勢では史上初の受賞で、2013年に当時35歳で受賞したMF中村俊輔(38=横浜M)を抜いて史上最年長。チームは年間勝ち点2位だったが、同3位・鹿島とのチャンピオンシップ(CS)準決勝に敗れた中でのMVP受賞だけに、本人もびっくり。「選…

斎藤学、チーム成績に不満も。

横浜F・マリノスの日本代表MF齋藤学が、20日に開催された「2016 Jリーグアウォーズ」で年間ベストイレブンを受賞した。終了後、同選手がコメントを残している。 授賞式を終えた齋藤は「まず、マリノスというクラブでマリノスタウンという環境がなくなって、…