読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

大宮MF家長昭博が川崎Fへ完全移籍!「本当にありがとう」

家長は2016シーズンに26試合に出場し、11得点を挙げていた。 大宮を通じては「2016シーズンを最後に、大宮アルディージャを退団することになりました。大宮アルディージャでの3年間を思い返すと、チームメート、クラブスタッフ、ファン・サポーターの皆さま…

サガン鳥栖が川崎フロンターレMF原川力を期限付き移籍で獲得と発表

本人コメント 『サガン鳥栖に移籍することになりました。いろいろな思いを感じた1年間でしたが、自分の成長に繋がった1年間だったと感じています。また成長して戻ってこれるように頑張ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします。スタジアムでフ…

中村憲剛、風間監督との日々を振り返る

川崎フロンターレは風間八宏監督が去り、新たな時代を来季から築くことになる。キャプテンであり、中心選手のMF中村憲剛はこの4年半を振り返りつつ、今後についても語った。 風間監督とともに最後に戦う試合は天皇杯決勝の鹿島アントラーズ戦となったが、白…

川崎エドゥアルドを完全で獲得、ネット、エウシーニョ、ソンリョンと契約更新

J1の川崎は2日、昨季はJ1柏から期限付き移籍していたDFエドゥアルド(23)を完全移籍で獲得したと発表した。 「今シーズンはけががないように、私自身が成長することで、よりフロンターレの力になりたいと思っています」とコメントした。 引用元 全…

またも涙を飲んだ川崎・憲剛…来季に向け前を向く「足りなかったものを作り上げていく」

中村は試合を以下のように振り返っている。 「どうして勝てないのかっていうのは、正直、自分たちが外して、向こうがセットプレー2発を決めているので。わかりやすいといえばわかりやすいですけど。そこに至るまでのいろいろ細々した、自分一人だけの問題じ…

足りない「経験」…退任風間監督、川崎Fは「完成しきっていないチーム」

川崎フロンターレはまたもタイトルに届かなかった。ただ、この試合を最後に退任する風間八宏監督は「悔しいですけども、たくましくなった選手を僕は誇りに思う」とイレブンの健闘を称えた。 19冠を達成した常勝軍団と、初タイトルを前にもがき苦しむ川崎Fと…

G大阪・大森が神戸移籍明言 川崎F移籍の阿部は「言えない」

G大阪MF大森が神戸移籍を明言した。「下部組織から育ててもらったクラブやし寂しさはある。眠れなかった。でも人生は一回きり。サッカー人生はもっと短い。色んなことを経験したかった」と中学1年時から12年間在籍したクラブを離れる決意を表明。 また…

中村憲剛、悔いが残らないように

36歳でのMVPは史上最年長。授賞式で「カズさん(三浦知良=横浜FC)は別格で、36歳の自分はまだまだ」と話していた中村は、自身の将来については「わからない」と述べつつ、さらに前進していくことを誓った。 「先のことはわからないです。36歳でMVPを取ると…

川崎フロンターレ・中村憲剛が抱く矜持

■ライバルたちに認められた頑張り所属チームの成績と連動しているという、特にプロ野球に代表される他のスポーツの慣例と照らし合わせれば、年間順位で3位だったフロンターレからの選出は意外に思われたかもしれない。それでも24回の歴史のなかで、J1の年間…

小林悠の決断を後押しした中村憲剛、サポーター、そして妻の言葉とは?

残留を決断したのは、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だった。 11月26日、小林悠は自身のブログで川崎フロンターレ残留を明かした。 G大阪、鳥栖、神戸など複数クラブから破格とも言えるオファーを受けていたとされているが、なぜ残留という決断を下した…

風間八宏体制の4年半は川崎フロンターレに何をもたらしたのか?

「一番は、もちろん90分間ボールを持ち続けて選手が楽しんでやること。堂々と自信を持って、ボールを持つサッカーをしていって欲しい。そのなかで選手たちの発想が出てくる」 これは2012年4月23日の監督就任会見時に「監督のやりたい理想のサッカーは?」と…

川崎F小林悠が複数オファーに断り…契約延長を報告「フロンターレが一番」

川崎フロンターレへの残留を表明したFW小林悠(Getty Images) 川崎フロンターレのFW小林悠がブログ(http://lineblog.me/kobayashi_yu/)を更新。「報道などでご心配おかけしていましたが、小林悠は川崎フロンターレとの契約を延長することにしました」と報告し…

<イギリス一記者ごときが語る>川崎フロンターレに見る“パスだけのサッカー”の限界。

私は、本数のわりに効果的ではないことも少なくなかった一連のパスに対する過度な依存は、一方で危険を孕んでいると感じた。中村の“美しいパス”で完璧に崩しての得点を求める川崎の姿勢は、2、3シーズン前のアーセナルを想起させた。 あの当時のアーセナル…

川崎フロンターレ小林悠、CS出場絶望

左太ももの負傷は全治6週間か? 鹿島戦で左太腿裏を痛めた川崎FのFW小林は病院で精密検査を受けた。「痛いことは痛い。チャンピオンシップ(CS)は分からないです」と言うだけだが、関係者によると全治6週間でCSの出場は厳しそうだ。 川崎フロンター…

川崎フロンターレ、斉藤学獲得か

川崎Fが来季補強の目玉として、横浜の日本代表FW斎藤学(26)の獲得を検討していることが27日、分かった。クラブ創立20周年の今季は既にチャンピオンシップ出場権を獲得。悲願の初タイトル獲得に向け戦っている最中だが、水面下では来季以降へ向け…

今日のニュース 20161005

「本田よりスソを好んでいる」ミラン監督モンテッラが序列を明言 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載! 本田が長所を生かせるサッカーは現代のモダンとは違いますもんね ハリルの求めるサッカーとも違うと思いますが・・・。 ケルン大迫がバイエル…

川崎はポジションの概念すら“壊す”。 「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。

一見、奇策のようで、実は理にかなったものだった。 セカンドステージ、年間順位ともに最下位に沈むアビスパ福岡を等々力陸上競技場に迎えたJ1セカンドステージ11節。試合前に配られたメンバーリストの川崎フロンターレの欄には、GK、4人のDF、4人のMF、2人…

川崎F田坂が人生初のCBで先発か「新しい感覚」  (わー田坂がCBで先発だってー?!(棒)

川崎FのMF田坂祐介(31)が、10日の福岡戦で人生初のセンターバックで先発する可能性が出てきた。チームは8日、神奈川・川崎市内で紅白戦を行い、田坂が3バックの右に入るフォーメーションが試された。DF武岡優斗(30)が3日の天皇杯、J3秋…