Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

2016年ナビスコカップ第一節 ピックアップ予想&考察

さて、それではメンバーも発表されたことですので、予想と考察を少し書いていきます

と言っても別にメンバー発表されてから書いていくスタンスと言うわけでもないですが

ナビスコカップということもあり、普段とはだいぶ違うメンバーで臨むチームが多い

と思います。

 

その中でまずは鹿島対甲府についてです。

オッズは鹿島勝利に@1・5倍ほどでしょうか。

鹿島も甲府もいつもとは違うサブ組の選手たちがメンバーに入っていますね。

しかし鹿島はサブも層が厚く、甲府と比べると大分戦えそうです。

甲府にもニウソンやクリスティアーノなどがスタメンに入っていますが

少し厳しそうですね。

とはいえCBは青木西のコンビなので不安がないとは言い切れません。

ボランチにも永木柴崎コンビはどうなのか。ここのふたつが機能していれば

鹿島の勝利は固いと思いますが。

@1・5では少し手を出したくありません。

ということでここはスルーして、展開次第で手を出したいと思います。

 

さて大宮対名古屋ですが先発メンバーにお互いの主力、得点源がいません。

勝敗を読むよりはOVER、UNDERで行った方が無難です。

正直どっちが強いかさえあやふやですが、

大宮のスタイルと名古屋のスタイルこれらを鑑みると

UNDERがいいと思います。

大宮は引きますし、名古屋はカウンターで沈めるタイプだと私は考えていますが、

これがかみ合わないと考えます。

メンバーも大分違いますし、得点源がいない。

前半UNDER1・5@1.44倍をお勧めします。

 

最後に川崎対マリノスに触れたいと思います。

お互いぜんっぜんメンバーがいつもと違い、

マリノスに至っては全とっかえと言っていいメンバー

川崎はいつもより守備的な人選でしょうか、まあ大島中村より

守備的でないボランチもなかなかいないでしょうが。

マリノスに関しては中村俊輔がいないことになによりも注目すべきです

ベンチにもいません、さて彼が居なかった開幕仙台戦をご存じでしょうか。

はっきりいって散々でした、まったく前に運べません。

ボランチには三門兵藤ですがこれも守備的人選で、ビルドアップはまず

うまくいかないでしょう。また前にも収まる選手がいません

斎藤もベンチにもおらず、この試合のケツを持つ覚悟のある選手がいない。

川崎には中村ケンゴウ選手がいますが、小林悠や大久保は不在。

UNDERですよ・・・これUNDERです。

ケンゴウのいない前半UNDER1・5@1.44倍かトータルスコアUNDER3@1.66倍で行きましょう

 

とまあ今回はこんな感じです。

それでは結果はのちほど。

 

広告を非表示にする