読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

ブックメーカーに違法性はあるのか? ついでに税金のことも少し。

 

最初に書いておきますがブックメーカーの利用による逮捕者はいません。

 

日本国内で勝手にギャンブルをやってはいけないという
賭博法というのがあります。


野球賭博だとか、相撲もそんな話がありましたっけ。
ただブックメーカーを利用することは犯罪行為かと言えば、そんなことはありません。

 


現在の法律で国内にブックメーカーが出来て、それを利用すれば犯罪かもしれませんが。そんな会社はありません



では。私たちが行っているのはどういうことなのでしょうか。
感覚としては海外のカジノを日本人が利用する感じです。

 


例えば現在、日本ではカジノ法案というカジノを日本に作ろうという動きがだいぶ前からありますね。まだカジノは違法なわけです。


しかし日本にも裏カジノという非合法なカジノがあります。それを利用してバトミントンの選手がオリンピックに出れなくなりましたね。

 


しかしブックメーカーは海外にあって運営しているものです。
私たちはインターネットを使用して、海外のブックメーカーを利用しています。
つまり国内のカジノを利用しているわけではないのです。

 

法律の専門家の見解はグレー、しかし事実上逮捕される可能性は極めて低いというところです。

 

ブックメーカーの利用は、日本でももう何年も経ちますが、
逮捕者は一人もいません。

 

具体的に言うと
ブックメーカーの利用を違法とするには大規模な論争をしなければならず
法整備をしなければならないということです。

 

賭博罪には

賭博は,2人以上の者が,偶然の事情にかかる勝敗によって,財物等の得喪を争う必要的共犯です

とあるわけですが

ブックメーカー自体は合法なので、じゃあ片方の利用者だけ捕まえていいの?

という問題点もあります。

恐らく、この点がブックメーカーの利用者を取り締まるとしたら

まず変えなければいけないでしょう。


取り締まるにも厳密な法律がないということですね。

そもそも現在の賭博法は古い法律でして、現在の日本から見ると

時代に合っていないわけです。

 

簡単に言うと、風紀が乱れるし、財産を損なう可能性があるからよくない

っていう考えですからね

そんなこと言ったら、株だってFXだって財産を損ないますし・・・

 

そもそも公営ギャンブルは?パチンコは?

という問題点があります。

 

ブックメーカーを違法とするということになりますと、

この点についても掘り下げなくなりかねないですし・・・

 

 

さて話を戻しますが

 

ブックメーカーの利用そのものを違法とする動きはあまりなさそうです。

 


仮にそうした動きがあっても、法律としてまとめるには何年かかかるでしょうし、
もし違法になったら止めればいいと思います。

 


というか現在の日本人のブックメーカー利用者数は結構な数になるはずです。
ブックメーカー自体に日本語が選択できるものは珍しくありませんし、
日本語サポートのあるところも一つや二つじゃないですし・・・


利用する人が少ない国に対応するわけがありませんからね。
あなたが突然逮捕される・・・などという心配は現実的ではありません。

 

 

 

 

しかしです、

例えばブックメーカーと直接でなく、誰かを中継した場合ではどうですか?

例えばAさんが開いたお店で、ブックメーカーをAさんを通して利用して、

お金を賭ける場合です。

これはAさんとあなたの間で賭博が成立してしまうと思います。

この場合はAさんとあなたは逮捕されてもおかしくないということです。

 

つまり、あなたとブックメーカーではなく

あなたとAさんの間の賭け事だと解釈されると考えられます。

 

これによるオンラインカジノなどの利用は逮捕者が出ています。

これがいわゆる裏カジノなどと呼ばれているもののひとつです。

 

 

オンラインカジノにしてもブックメーカーにしても

本来ちゃんとした身分証明をしたうえで利用するものです。

それだけ、敷居が高いともいえます。

別に登録が難しいわけではないですが。

 

相手側もお金を扱った大きな企業ですので、当然といえば当然です。

身分証明もできない方をお客にはしません。

 

 

まあここでいうブックメーカーオンラインカジノは厳密に言うと違いますし、

私が取り扱っているのはいわゆつスポーツブックというもので全く別物ですが。

 

要はあなた個人でブックメーカーをおやりなさいってことですね。

 

ブックメーカーの利用は個人の責任で行ってください。
ブックメーカーをする人は年齢的に大人なので分かっているとは思いますが、
念のため。

 


あ、一応書いておきますが、ブックメーカーで利益を50万以上稼いでしまった場合
税金の勉強をしていただきたいです。


一時所得という形になると思いますが払う必要性が出てきます。
しかし、ブックメーカーでお金を稼いでも、そのお金の動きを把握できない
とも言われていますが。
しっかり税金を取るあたり、これで違法とするとしたらなんだかひどい話ですね。

 



次の記事です

ブックメーカーを利用する前に、必要なこと。 - Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、





広告を非表示にする