Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

中村俊輔に聞いた大成するための秘訣

f:id:tiroru17:20160905214418j:plain

 

プロは生活のすべてをサッカーに懸けられる。それが本当に幸せだった。

 

原点は高校時代の自主練にある。自分を客観的に見つめ、課題を克服するための明確な道筋を立て、それに沿って練習に励んだ結果、中村俊輔は一気に階段を駆け上った。これまでのキャリアを支えたのは10代での成功体験だったと言っても過言ではない。38歳となった今も輝きを放ち続ける稀代のレフティに、プロフットボーラーの心得、そして大成するための秘訣を聞いた。
(『サッカーダイジェスト』2016年8月25日号より転載)

 

――実際にプロというものを意識したのはいつ頃ですか?

 ……プロになってから、かな。井原さん(正巳/現・福岡監督)や能活さん(川口/現・相模原)の普段の振る舞いを間近で見て、こういう人たちが第一線で活躍しているんだな、と。プロとはこうあるべきだと真剣に考えるようになった。

――意外ですね。子どもの頃かと勝手に思っていました。

 まだプロがなかったから、Jリーガーになりたいという夢も持ちようがなかった。ただ、マラドーナや、黄金のカルテットがいた時のブラジル代表のビデオは買った。単純にサッカーが上手くなりたかったから。

――高校時代から全国的に注目されていましたし、もう少し早くから意識していてもおかしくはなかったのでは?

 高校2年の時、スカウトの方が学校に来るようになった。最初は、自分目当てとはまったく思わなくて。だって、まだ2年だし、『誰を見に来たの?』みたいな感じだったけど、スカウトの数が増えていくうちに、あ、自分のことかと気付いて。それでも、まだそこまでプロを意識したわけでもなかった。

 3年になると、練習に誘ってもらえるようになって、声をかけてくれたクラブにはほとんど参加させてもらった。だいたいサテライトのチームに混ざっていたけど、それは自分からリクエストをして。

――なぜですか?

 高卒で入ったとして、当然ルーキーだから、下からの競争になる。そこでライバルになるのは、トップの人たちじゃない。サテライトがどれくらいのレベルなのか、まずはそこを知りたかった。

 練習では、ジェフが一番面白かったかな。ボール回しとかが楽しかった。トップの監督がわざわざ見に来て、高校生の俺に懇切丁寧に指導してくれたのも嬉しかった。

 

続きは 

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=18277

こちらでどうぞ

 

中村俊輔選手は自分がサッカーを見るきっかけになった選手ですので、

本当にこの人のように自分にとってのスターって言うのは、出てこないだろうな

と思います。

子供のころからのスターって言うのはやっぱり特別です。

 

彼が持ったらなにかが起こるんじゃないか・・・そういう期待感を持っている

選手は残念ながら今の子供たちに足りないかなあと思っています

 

彼がいつも言う、魅せるプレー。

単に勝てばいいとかではないんですよね。いつも「魅せたい」と思ってプレーしている

選手でもあります。

その結果自陣に向かって相手の股を抜くという、わけのわからないプレーも

していますがw

 

現役の選手にも多大な影響を残している選手である彼が

今の選手に魅せる意識が足りないと思っていることは一種の皮肉でもあります。

数歳下のFC東京の前田から原口、宇佐美、岩波と言った若い世代まで

本当に幅広い選手たちが影響されているんですけどね・・・

 

 

 

 

 

広告を非表示にする