Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

【戸塚啓コラム】東京Vと千葉の監督招聘で考える、放映権料の使い道

 

J2の千葉と東京ヴェルディが、来シーズンの監督を海外から招聘するようだ。

 千葉の新監督就任が濃厚とみられるのが、アルゼンチン人のファン・エドゥアルド・エスナイデルだ。1991年に行なわれたワールドユース代表のひとりで、当時のチームメイトには現トッテナム監督のマウリシオ・ポチェティーノ、現アラベス監督のマウリシオ・ペジェグリーノらがいる。
 
 現役時代はポチェティーノやペジェグリーノと同様に、リーガ・エスパニョーラを主戦場とした。最初に在籍したレアル・マドリーではほぼ活躍できなかったが、レアル・サラゴサアトレティコ、エスパニョールなどでそれなりの輝きを放った。パワフルなプレースタイルと気性の激しさで知られたストライカーで、相手DFや主審といつもやり合っていたような印象がある。
 
 監督としてはサラゴサB、コルドバを率い、9月まで2部のヘタフェで采配をふるっていた。この43歳のアルゼンチン人に、日本との結びつきはほとんど見当たらない。とはいえ、指揮官としてのキャリアは、ビッグクラブへ立ち向かっていく立場で統一されている。その意味では、J1昇格というターゲットを思い描きやすいかもしれない。
 
 ヴェルディが新監督に迎えたミゲル・アンヘル・ロティーナは、母国スペインで豊富な経験を持つ。どちらかといえば中小規模のクラブで結果を残してきた59歳は、エスナイデル以上にJ2というカテゴリーに馴染めそうだ。
 
 2016年のJ2リーグで、外国人が監督を務めたクラブは横浜FCだけだった。スロベニア人のミロシュ・ロスが体調不良で辞任してからは、22チームすべてが日本人監督によって率いられていた。J2リーグという舞台は日本人監督が経験を積む場所となっていると同時に、経営的な視点も欠かせないだろう。年俸、住居、車、通訳、家族のケア、右腕となるコーチングスタッフ……諸々のコストを合計すると、外国人監督は費用対効果が読みにくい。「お金はかかったけれど結果は」ということにもなりかねず、その場合の経済的ダメージは深刻だ。
 
 千葉もヴェルディも、日本リーグからの名門である。だとしても、J1昇格プレーオフに絡めなかった今シーズンを考えれば、思い切った方針転換と言っていい。より直接的な言い方をすれば、大胆な投資ということになる。

 

J2に外国人監督が呼べる要因 巨額な放映権料の使い道とは - ライブドアニュース

 

 

なんにしても長い目で見てほしいですね、千葉は長い目で見た関塚監督の後なので

特に言いたい。我慢しろと、J1に復帰するのは我慢の先にしかないと。

広告を非表示にする