Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

シャペコエンセの事故、会社ぐるみの「稚拙な計画」が原因か

 

『Crarin』など各メディアは、「シャペコエンセの選手やスタッフが事故死したチャーター機を運営していたラミア社に、ボリビア当局による業務停止命令が下された」と報じた。

 

J経験者は全員死亡が確認…シャペコエンセの事故、全遺体を回収 http://bit.ly/2gv8vAB 

Photo published for J経験者は全員死亡が確認…シャペコエンセの事故、全遺体を回収

J経験者は全員死亡が確認…シャペコエンセの事故、全遺体を回収

コロンビアで発生した飛行機事故において、現場で発見された71名全員の遺体が収容された。

qoly.jp

 

先日発生したコロンビアでの航空機墜落事故。乗員乗客あわせて77名のうち71名が死亡するという大惨事となった。

コパ・スダメリカーナ決勝戦の会場に向かうために搭乗していたシャペコエンセの選手やスタッフが巻き込まれたことから、サッカー界でも大きな衝撃となっている。

そして、その墜落の直接的な原因が航空機の燃料不足であったことから、チャーター機の安全性に問題があったのではないかという報告が次々と行われている状態にある。

事故原因については現在調査が進められている状況で、まだブラックボックスの解析も終了していない。

しかし、ボリビア当局は既に運営会社のラミアをライセンス停止処分とし、現在の業務を中断させるという決断を下しているという。これはすでに不正行為が確認されているというわけではないが、その可能性があると考えられている証拠でもある。

コロンビアでの運営ルールにおいては、目的地の上空に到達した段階から30分飛行できるだけの予備燃料を乗せることが義務付けられている。

ただ、少なくともこの航空機はそれを保有していなかったことが確認されており、墜落現場に燃料の痕跡も発見されていない。

一方で、ラミア社のCEOであるグスタボ・バルガス氏は「出発前点検に異常はなかったと報告しているほか、燃料不足の場合には目的地の手前にあるボゴタ空港での燃料補給という選択肢があった」と明かした。それが行われなかったのは、パイロットであるミゲル・アレハンドロ・キロガ・ムラカミ氏の責任であったという話である。

 

なお、スポーツライターのイーワン・マッケンナ氏が報告しているところによれば、「サンタ・クルズの空港の担当者は、その飛行計画を見て内容の変更を要求していた」という。

その理由はあまりにも計画に余裕がなかったからであったが、ラミア社はそれを変更しなかったとのこと。これはグスタボ・バルガス氏が「判断はパイロットに依存していた」と説明していたことに矛盾する。

また、マッケンナ氏はこの場合「法律違反であることを隠すために会社側は真実を話せない状況にある」と報告する。

 

1/2 Flight dispatcher in Santa Cruz had row and demanded a change in flight plan which showed fuel limit as 4hr 22 mins and flight time...

2/2 as exactly the same. LaMia official didn't change it, told her it would be okay. Contradicts company talking about refueling plans.

 

もしこれが真実であるとするならば、ヒューマンエラーというよりも、稚拙な運営において行われた危険な飛行で71名もの命が失われた「人災」ということになる。

 

http://qoly.jp/2016/12/02/air-crash-in-colombia-was-the-needless-loss-of-life-kgn-1?part=2

 

下手にチャーター機なんて乗らない方がいいような気がしますね。

乗る機会なんてまずないですけど

 

 

広告を非表示にする