読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

小林悠の決断を後押しした中村憲剛、サポーター、そして妻の言葉とは?

 

残留を決断したのは、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だった。

 11月26日、小林悠は自身のブログで川崎フロンターレ残留を明かした。
 
 G大阪鳥栖、神戸など複数クラブから破格とも言えるオファーを受けていたとされているが、なぜ残留という決断を下したのか。チャンピオンシップ準決勝敗戦後のオフ明けとなった12月1日、本人がその経緯を明かしてくれた。
 
 去就に関する報道が出てからのこの約1か月間、負傷離脱中だったこともあって、報道陣の前では表情が曇りがちだった小林だが、決断に至る思いを語る表情は明るい。
 
「今はすっきりしています。本当に、自分にはもったないぐらいのオファーを頂きました。家族のこと、将来のことも考えて本当に悩みました。どっちにいけば家族として幸せになれるか……今はフロンターレに残ってよかったと思っています」
 
 まず残留を決断したタイミングはいつだったのか。奇しくも、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だったという。
 
「一番は、鹿島戦に負けたのをピッチの外で見ていて、『フロンターレでタイトルを獲りたい』と思ったことです。それが一番大きかったですね」

 

「本当に毎日(決断が)変わりました。夜、寝る前に色々と考えて眠れなくなったり……考えすぎて、考えるのをやめようと思ったぐらいです(笑)。関係者にも会わせてもらって、いろんな人に相談をして、そのたびにあっちに行ったり、こっちにいったりと考えが変わりました。人生で一番悩んだと思います。一生のことだと思っていたし、これだけ自分を評価してくれるのも今年しかない。だから、本当に悩みました」

 

全文はこちらから

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161203-00020971-sdigestw-socc

 

浦和の某GKは広島から移籍するときにお金じゃないとか言いましたけど、

彼はお金以外の何を求めて浦和に行ったのか、私はいまだにはなはだ疑問ですね。