読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

岡山、悲願のJ1昇格ならず リオ戦士・矢島悔し「力の差は歴然」

 

J1昇格プレーオフ(PO)初出場で決勝まで進んだ6位の岡山だったが、4位のC大阪に0―1で敗れ、悲願のJ1初昇格はならなかった。

 準決勝ではリーグ戦3位の松本に2―1で競り勝ち“下克上”で決勝進出。だが、岡山のシュート8本に対して、C大阪は倍の16本。今夏のリオデジャネイロ五輪代表で、J1浦和から期限付き移籍中のMF矢島慎也(22)は「結果として力の差は歴然だった。やっていて向こうのうまさを感じました。悔しいけど、まだまだと思った」とスター軍団のC大阪に脱帽。

 「今年は(U―23日本代表として)アジア予選で優勝したところから始まり、五輪、プレーオフとなかなかできない経験をした」と激動の1年を振り返り、「でも勝てないと、もっとうまくなりたいと思う。岡山が昇格するのはまだ早いと言われてるようだった。この悔しさは忘れちゃいけない。負けはうまくなりたいという原動力になる」と悔しさをバネにさらなる向上を誓った。

 長沢徹監督(48)は「胸を張って岡山に帰りたい」と一言。「選手はよくやってくれた。今までやって来たこと、最後まで諦めずに戦えたこと、あいつらの魂を評価して岡山に帰りたい」と続けた。

 

岡山、悲願のJ1昇格ならず リオ戦士・矢島悔し「力の差は歴然」 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 

www.youtube.com

 

 

金沢もわりといいサッカーしていて、J2のほうでも簡単というわけでも

ないんです。

栃木は地力が足りなかったと思います。

広告を非表示にする