読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

ロナウジーニョらの加入はなし。シャペコ会長が”身の丈”再建方針示す

 ブラジル1部リーグのクラブであるシャペコエンセは、先日コロンビアで起きた飛行機墜落事故により、選手19名や会長、監督、スタッフらを失うことになった。大きな悲しみを背負いつつ、今後は再建に向けた厳しい道のりを進んでいかなければならない。

 ブラジル国内外のクラブから選手の無償レンタルなどの申し出が集まる一方で、大物選手がシャペコエンセを助けるため同クラブに加入する可能性も浮上していた。ロナウジーニョや元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメの加入が噂され、アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンもシャペコエンセ入りに名乗りを上げた。

 だが、死去した会長の代役を務める事になったイバン・トッツォ副会長は、ビッグネームを迎え入れることを考えてはいないようだ。「シャペコエンセに来て我々を助けたいという選手たちや、選手の提供を申し出てくれたクラブの善意には心から感謝しなければならない」と前置きしつつ、今後の方針について次のように話している。

「名前の知られた選手たちがクラブに来る可能性は否定する。そういった経歴の選手たちをクラブに抱えたことはないし、我々がつつましいクラブであることは誰もが知っている。ビッグクラブのような大きな報酬を支払う贅沢はできない。おそらく若いプロ選手や、2部でプレーしている選手、1部のクラブに放出されたような選手たちを求めることになるだろう」

 他クラブからは、シャペコエンセに対して今後3シーズンの降格を免除するという案も提示されていたが、トッツォ会長はブラジルサッカー連盟(CBF)に対してこれを断ることを伝えたとも認めている。「他のチームと同じ条件で戦いたい。競争相手たちと同じ武器で、我々の持っていたものをもう一度勝ち取れることを目指していくつもりだ」と語った。

【了】

http://www.footballchannel.jp/2016/12/10/post189213/

 

すごい会長だなあ、いや本当になかなかこうはっきりとした態度を取るのは

難しいですよ。ただ、一つの正道ですね。

ただこれでチームが落ちぶれていくことも十分にあり得るのが・・・

まあそういう次元の話ではないんでしょうね、会長の中では。