読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

吉田は昨季まで信頼できなかった? 2007年以降のプレミアで最も「失点直結ミス」多いDFの1人だった

 

不名誉な記録

今季サウサンプトンで好パフォーマンスを見せているDF吉田麻也は、主将のジョゼ・フォンテより安定しているのではないかとの評価まである。守備だけでなくパス精度も評価されており、フィルジル・ファン・ダイクらとの激しい競争の中で自身の長所を示している。

しかし、そんな吉田にも不名誉な記録が存在する。それは、「失点に直結したミスの多さ」だ。それこそ吉田に不安定なDFとの印象を与えていた原因なのだが、今回英『TalkSport』が2007年以降プレミアリーグでプレイしたDFの中で失点に直結するミスの多いDFをランキング形式で紹介。

吉田はこれまで失点に直結すつミスを6度犯しており、これは2007年以降プレミアリーグでプレイしたDFの中では5番目に多い数字だ。最も多かったのは昨季までリヴァプールでプレイしていたマルティン・シュクルテルで8度となっており、吉田としては少しばかり不名誉なランキングに入ってしまった。また、2007-08シーズンからプレイしているシュクルテルに対して吉田は2012年夏からの所属だ。出場試合数にも150試合ほど差があるため、これも不名誉な数字かもしれない。

ただし、今季の吉田は一味違う。安定してきたとの評価もあり、日本のサッカーファンとしても頼もしい限りだ。昨季はバックパスを相手FWに拾われるなど致命的なミスもあったものの、吉田は海外で確実に成長している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00010003-theworld-socc

 

ちょっとミスらないだけで評価されてもね。

これからですね。

失点に直結するミスが減ったって、そんなもん普通に滅多にあっちゃいけないこと

ですし・・・