読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

【クラブW杯】殊勲弾の遠藤「絶対に勝ちたいとみんな思っていた」と団結を強調

 

「自分は入れるだけだった」と得点シーンを振り返る。

[クラブW杯準々決勝] マメロディ・サンダウンズ0-2鹿島アントラーズ/2016年12月11日/吹田スタジアム
 
 前半をスコアレスで折り返した鹿島は、63分に右サイドからのクロスを土居聖真が折り返して、そのボールを遠藤康が沈めて先制を奪った。さらに試合終了間際の88分に金崎夢生が追加点を挙げ、アフリカ王者を突き放して勝利を手にした。
 
 チームに待望の先制点をもたらした遠藤は、「聖真から良い落としがきて、自分は入れるだけだった。みんなに感謝したい」と得点シーンを振り返った。
 
「後半はチャンスが必ず来ると思っていた」と口にした遠藤は、「今日勝たないと前の試合の意味がなくなると思っていた。『絶対勝ちたい』とみんなが思ってた」と勝因を語った。

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161211-00021142-sdigestw-socc

 

ビッグセーブ連発の守護神!! 鹿島GK曽ヶ端「僕が止めたけど…」

 

 守護神がアフリカ王者の前に立ちはだかった。序盤からマメロディ・サンダウンスの猛攻にさらされた鹿島アントラーズだが、得点を許さない。相手チームの決定機を防ぎ続けたのが、最後方に構えるGK曽ヶ端準だった。

 まずは前半13分、FWカマ・ビリアトのスルーパスからPA内に進入したMFタペロ・モレナのシュートを好反応を見せてストップ。さらに同29分には縦パス一発で抜け出したMFパーシー・タウとの1対1に落ち着いて対応してゴールを守り、同35分にはMFサムエル・マブンダに強烈なミドルシュートを枠内に飛ばされるも横っ飛びのセーブで弾き出した。

 次々と訪れる危機をしのいだ守護神は、「シュート自体のスピードは、それほど速かったわけではなかった」と語りつつ、チームメイトのサポートがあったからこそ、ゴールを守り抜けたと振り返る。

「ディフェンスの選手がしっかり相手に寄せて、プレッシャーを掛けてくれた。僕が止めはしましたが、そういう小さい積み重ねがないと、シュートを止めるのは難しい」

 

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?205198-205198-fl

 

 

Dailymotion

 

アントラーズが団結を語るとネタになってしまいますね。

石井監督の間は・・・

次節は今月14に南米王者のアトレチコ・ナシオナルとです。

個人的には、まあノーチャンスではないと思います。