読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

ナシオナル・メデジンの指揮官が鹿島を警戒 「南米とも対等に戦えるチームだ」/クラブW杯

 

サッカーのクラブ世界一を争うクラブワールドカップ(W杯)は14日に大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで準決勝が行われ、J1王者の鹿島(開催国枠)と南米代表のナシオナル・メデジン(コロンビア)が対戦する。

 ナシオナルは13日、大阪市内でチーム練習で調整。会場の吹田スタジアムで会見に臨んだルエダ監督は「鹿島は競争力の高いサッカーをする。南米とも対等に戦えるチームだ」と警戒感を強めた。

 コロンビア勢として初めてリベルタドーレス杯を制したのが1989年。27年ぶりに優勝を果たして南米代表になったこともあり、「あのときは国全体がよろこんだ、すばらしい偉業だった。比較するのは好きではないが、89年のインスピレーションを受けているのが今のチーム」と胸を張る。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000558-sanspo-socc

 

勝ってレアルとやる鹿島、見たいじゃないか。

そしてボコボコにされるだろうなあ(遠い目