読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

鹿島の快挙を称賛も嫉妬する韓国メディア 「大陸王者でない」と“開催国枠”に疑問の声も

 

クラブW杯準決勝でのナシオナル撃破を「異変」と報じる

 FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)準決勝で鹿島アントラーズが、南米王者のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)を3-0で下して、アジア勢初の決勝へと駒を進めた。

 サッカー専門サイト「スポータルコリア」は、「“異変”鹿島、アトレティコ・ナシオナルを3-0で撃破、アジアのクラブとして初の決勝行き」との見出しをつけるなど、各メディアが「異変を起こした」という表現を用いて鹿島の勝利を大きく報じた。

 ただ、一方でFIFA主催の試合で初めて導入されたVAR(ビデオアシスタントレフェリー)による判定で、鹿島が得た前半33分のPKについて触れる韓国メディアも多かった。

歴史的勝利を称えつつも「後味は少し悪い」

 総合ニュースサイトの「ニュースエン」は、「サッカー界初のビデオ判定の恩恵を受けた鹿島」との見出しで、「誤審も試合の一部という通説を壊す大きな変革だった。鹿島は初めてその恩恵を受けた」とまとめた。

 スポーツ専門サイトの「スポTVニュース」は、「アジアのチームのなかで初めてクラブW杯決勝に進出したことは、十分に評価されることだ」と鹿島の勝利を称えつつも、「開催国の対戦相手の運も無視できない。それに加え、これまで13回、クラブW杯が開催されたが、そのうち8回が日本で開催された。今大会が開催される前、日本のチームの最高成績3位(07年浦和レッズ、08年ガンバ大阪、15年サンフレッチェ広島)はすべて日本開催だった」と、今回の決勝進出もホーム開催という有利な条件から生まれたものだと言い切っている。

 

全北がレアルと対戦できない悔しさが…

 確かに韓国メディアの立場からすれば、かなり複雑な心境だろう。チェ・ガンヒ監督は、取材に来ていた韓国の記者たちに「レアルと対戦できなくてすまない」と言葉をかけていたほどで、アジア王者として出場した全北現代が初戦でクラブ・アメリカ(メキシコ)に敗れ、欧州王者レアル・マドリード(スペイン)と対戦できなかった悔しさが強く残っている。そこに、鹿島の決勝進出という現実を突きつけられたわけだ。

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010018-soccermzw-socc

 

日本のクラブが出れることは嬉しいですが、

やはり大陸王者で世界一のクラブを決めるというのが趣旨なので

鹿島が勝つことは本来は言語道断ではあります。

というか、本当は開催国枠なんて無粋なんですが、

まあビジネスというわけで・・・

 

つっても結局、観客はほとんど入らないんですけどね。

一部の欧州のチーム見たさ以外にはなかなか厳しいですね。

むしろ空席を目立たせなくするために、タダ券を配っているということも。