読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

UEFA公式サイトが日本人選手を特集。鹿島のクラブW杯決勝進出を祝う

 

小野伸二
フェイエノールトで活躍した小野伸二【写真:Getty Images】

 欧州サッカー連盟UEFA)は、鹿島アントラーズのクラブ・ワールドカップ決勝進出を祝福し、公式サイトで欧州における日本人選手の活躍についての特集を組んでいる。

 現在日本で開催中のクラブW杯に開催国王者として出場した鹿島は、準決勝で南米王者アトレティコ・ナシオナルを下し、アジアのチームとして初の決勝に進む快挙を成し遂げた。18日の決勝では欧州王者レアル・マドリーと世界一を争う。

 UEFA公式サイトでは、「欧州を揺るがした日本人選手たちを祝福する」として、同連盟主催の大会における日本人選手の通算成績のランキングを掲載している。

 欧州のクラブ最高峰の大会であるチャンピオンズリーグ(CL)の通算出場数(予選含む)では、シャルケのDF内田篤人が通算31試合でトップ。ボルシア・ドルトムントのMF香川真司が24試合、元セルティックのMF中村俊輔が19試合で続いている。4位には本田圭佑小野伸二が11試合で並ぶ。

 CLにおける得点数では本田と香川の通算3点がトップ。ヤング・ボーイズのFW久保裕也と、中村、小野はそれぞれ2点を記録している。

 

http://www.footballchannel.jp/2016/12/16/post190355/

 

CLでの最多得点者がいまだ3ですか・・・

そして、明らかに香川や本田がピークを越えてきていることに関して

かなり危機感があるんですよね。私的には。

 

 

広告を非表示にする