読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

元リーガ審判員がCWC決勝の疑惑の判定を「セルヒオ・ラモスは退場になるべき」

 

この試合でジャッジした主審のジャニー・シカズ(ザンビア)は、後半終了間際に金崎夢生にファウルを犯したセルヒオ・ラモスに対してイエローカードを提示しなかった。

これに対して、スペインメディア『ラジオMARCA』で解説をしているリーガ・エスパニョーラの元審判員アンドゥハル・オリベル氏が、「S・ラモスは退場になるべきだった」という見解を示している。

後半終了間際の問題のシーンでは、S・ラモスが明らかなファウルで金崎のカウンターをストップ。主審のシカズ氏は笛を吹いてプレーを止め、胸のポケットに手を入れたが、2枚目のカードを出すことなく試合を続行させていた。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000028-goal-socc

 

とはいえ、開催国枠で出ているので、フェアもクソも本来ないんですよね。

多少は仕方ないと思います。

むしろ、個人的には負けておかないと、開催国枠ってなんだよ

って話題も少なからず出ると思うので、これでいいと思います。

 

ここで負けて、次にまた決勝で勝った場合の方が、開催国枠っていうのが

守られると思うんですよね、だって今回も決勝まで行って、負けたときは

開催国枠に文句言わなかったじゃん。という。

 

しかも毎回のように他所の大陸の王者に勝って置くことも、開催国枠いらなくね?

という論調をつぶしておくのに重要ですね。

 

この開催国枠っていうのは、本当に恵まれている枠なので、大切にしていくべきです。