Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

トニーニョ・セレーゾ、クラブW杯決勝中に石井監督宛に指示を送る。

 

f:id:tiroru17:20161220205215p:plain

 

試合後、ロッカールームで通訳スタッフが自身の携帯電話を確認すると、多くのショートメッセージが入っているのに気づいた。

 「レアルが嫌がっていることをやれ」

 「ボランチでこそ柴崎は生きるんだ」

 「柴崎をボランチに下げろ、と今すぐ石井(監督)に伝えろ」

 送り主は、昨年7月に成績不振で解任されたトニーニョ・セレーゾ前監督だった。海外からテレビ中継を見ていて、古巣の奮闘に心を動かされたのだろう。いても立ってもいられず連絡を試みた。

 通訳スタッフはベンチ入りしていたため、メッセージを見たのは試合後。もちろん試合中に気づいたとしても、石井監督に伝えることはなかっただろう。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161219-OHT1T50170.html

 

トニーニョ・セレーゾといえばマリノスとやったあと勝っても負けても

基本ニコニコしながら中村俊輔のことを触れる人で、面白い人です。

まあ、かっては中村俊を獲得しようとしたり、下痢になればいいとか

38口径で撃ち殺したいなどというくらいですからね。

柴崎もそうですが、結局こういうプレーヤーが好きなんですよね。

 

まあ中村俊輔に関してはブラジル人はまず俊輔好きですがw

プレイスタイルなんですかねえ。

 

鹿島の監督から退くときも、アントラーズの選手は一様に

監督に申し訳ないというスタンスだったことも印象的でした。

 

 

広告を非表示にする