読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

玉乃淳氏が選ぶ最もドリブルが上手かった日本人

 

f:id:tiroru17:20161220065252p:plain

 

独自の視点でサッカーを評価する解説者として知られる玉乃氏は「『パスが上手い』というのは、究極『止めて・蹴る』が上手いということです」と断言する。理想的な位置にボールを置いて、正確に蹴り出す。基本中の基本であるが、高いレベルでそれを実践できる選手はそう多くない。そんな視点から、国内外の日本人選手を分析してもらった。

 3位 齋藤学(横浜FM)

 

 「彼の長所は、完全に仕掛けの上手さにある。タイミングがいい。ドリブルしながら味方を使うという部分で言えば、上位の二選手には及ばないけれど、ポテンシャルで言えば、日本人最高水準。欧州に行くことで、もう一伸びあるかもしれません。いまの彼はまだ“槍”になってしまっている部分が大きい。極上の槍ではあるんですが、これだと日本代表でもジョーカー的な使い方しか難しいと思います」(玉乃氏)

 

 2位 乾貴士(エイバル)

 

 

f:id:tiroru17:20161220065336p:plain

 

続きはこちらから

http://www.sanspo.com/soccer/news/20161219/jle16121919510028-n2.html

 

 今回の選考では「原口元気武藤嘉紀のような走力を使って抜いていくタイプの選手は入れていません」と言う玉乃氏は「もちろん“走り”はサッカーにおいて大事な要素ではあるけれど、ドリブルの“上手さ”という意味ではタイプが違うかなと思っています」と続けた。

 

この点が私的には同意ですね

私が原口に対して、斎藤にはドリブラーとして勝負しても勝ち目が薄いと思うのは、

ようは、何もないところからドリブルでなんとかできるタイプのドリブラーでは

ないんですよ。

 

これが最もできるのが、現時点では斎藤学が一番だと思います。

 

 

 

 

広告を非表示にする