Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

イブラヒモビッチにGK茫然 「彼っていくつ?35歳?」

 

英『METRO』によると、フォスターはイブラヒモビッチが35歳のベテランであることが信じられないようで、2点目のシュートについて次のように述べている。

 

「彼は空中戦も本当に強くて、優れたキックを持っていて、パワフルだ。そしてそれを証明したね。2点目のシーンを見てよ。ほとんどの選手はパスを出そうとするけど、彼はボールを浮かしてDFをかわし、思い切り打ってきたからね。彼っていくつ?35?そんなバカな。彼は素晴らしいよ。体が大きいだけじゃなくて機動力もある」

 

確かにイブラヒモビッチの2点目はベテラン選手とは思えないアイディアと身のこなしで、フォスターもシュートが飛んでくるとは予想していなかったのかもしれない。イブラヒモビッチは得点ランクでもチェルシーFWジエゴ・コスタに2点差に迫る11得点を記録している。徐々に調子を上げてきているが、イブラヒモビッチのピークはまだまだ続くか。

 

http://www.theworldmagazine.jp/20161221/01world/england/101159

 

あの体格で、これだけ長く第一線で戦うことがどれだけ大変か。

イブラはそういったことを言わないと思いますが。

彼の体はどれだけの負荷をかけ続けられているのか。

 

優勝請負人でもあるイブラがいれば、ルーニーの不調も関係ないでしょう。

とはいえ、プレミアは群雄割拠であるのは間違いないですが。

広告を非表示にする