読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

香川真司 正念場の背番号10

 

日本にとってヤマ場だった9月6日のイラク戦。ハリルホジッチ監督にとっては自身の進退がかかった一戦で、攻撃の要となるトップ下を託したのは、香川ではなく清武だった。それどころか、同点で終盤を迎え、どうしても1点がほしい場面でも、27歳に声がかかることはなかった。後半ロスタイムに、山口の劇的な決勝弾で勝ち点3を挙げたチームを横目に、自身3度目のW杯アジア最終予選で初めて出番なしの屈辱を味わった。

 2008年に、平成生まれの選手として初めて代表に入り、積み重ねた試合数は80を超える。2011年1月のアジア・カップ準々決勝のカタール戦で、2得点して勝利に貢献するなど実績を重ね、トップ下の定位置を奪取。しかし、近年はピッチで消えている時間が長くなっている。

 日本代表を「どれだけ経験があっても、結果で証明できないと勝ち残れない世界」と自覚している。10月11日の豪州戦では先発フル出場したものの、「攻撃ではなかなかチャンスにつなげるシーンが少なかった」と守備に奔走され続けた。11月15日のサウジアラビア戦では、またもベンチスタート。トップ下では清武が存在感を増しており、香川の立ち位置は揺らいでいる。

 

日本代表ハリルホジッチ監督は「海外組はもっと頻繁にプレーしてほしい。チームの良さは海外組のプレー回数が多いことによって決まる」と強調してきた。香川が代表での立ち位置を改善するためには、クラブでのプレー環境を上向かせなければならない。「(代表チームは)常々変わっていくもの。どんどん進化していく」と香川。その波に乗り遅れないよう、必死で食らいついていく。(運動部 小川寛太)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000514-san-socc

 

香川は本当にドルトムントに居続けるべきなんでしょうか。

彼に欧州からのオファーがあるという話は聞きませんが。

興味があるチームはいくつでもあるでしょう。

スペインか、欧州中堅のCLを狙えるチームの方がいい気もします。

 

トゥヘルとはうまくいってない、という話は聞きませんが。

 

広告を非表示にする