Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

スカパー、Jリーグ中継から撤退

 スカパーはJ1とJ2の全試合、J3の主要試合を中継していたが、17年シーズンから放映できない。約100カ国でスポーツ専門の映像などを配信するパフォームが放映権獲得に投じたのは約2100億円。入札にスカパーも参加したが「応札額は1ケタ違った」(スカパー幹部)という。

 焦ったスカパーはパフォームにサブライセンスを求めたが、条件は厳しく断念。窮余の策で17年2月から「スカパー!サッカーセット」と呼ぶ新サービスで、天皇杯全日本選手権や欧州チャンピオンズリーグなどJリーグ以外の試合を放映する。24時間のサッカー専門チャンネルも始める。

 道は険しい。Jリーグは地方のチームも多い。放送する試合を網羅すればファンは遠征先の試合を観戦でき、地方での需要を掘り起こせた。競技人口やファン層でサッカーに匹敵するスポーツは少なく、社内では「Jリーグの穴を埋めるコンテンツは見当たらない」との声が渦巻いている。

 動画配信でスポーツ放映権は草刈り場だ。パフォームの「DAZN(ダ・ゾーン)」は月1750円(税別)で米大リーグも見られる。ソフトバンクプロ野球や大相撲を生中継する「スポナビライブ」を始めた。放映権料は上昇している。

 スカパーの加入件数は減っている。12年度末は約383万件だったが、16年11月末は337万件。顧客流出を食い止めようと、10月に加入者がスマホでほぼ同じ番組が見られる新アプリを投入したが、効果はあまり表れていない。

引用元 全文はこちら

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10724790V11C16A2TI1000/

 

 

うーんスカパーは今のJリーグの価値をそのまま入札したんでしょうが。

パフォームは投資として、これからの市場を評価して、一緒にJリーグ

大きなコンテンツにしていこうという意味での入札額だったのでしょうね。

 

スカパーのままではJリーグは変わっていかないのに

古参サポ()みたいなのはスカパースカパー言い続けるのは滑稽でした。

 

いやがおうでもこれでダゾーンに加入しなければならなくなったのは

いいことだと思います。

 まあ、テレビで見るのが少し手間なのと、ラグがあるのが気に入らないのは

わかりますが。

 

 

広告を非表示にする