読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

永井秀樹「何ひとつ、夢はかなって いない。だから45歳までやれた」

 

2016年引退特集(1)
「静かなレジェンド」永井秀樹(前編)

 

 2016年11月12日(土)の引退セレモニー。現役のJリーガーとしては、三浦知良横浜FC)に次ぐ年長となる45歳、永井秀樹東京ヴェルディ)の功績を称える映像とともに流れた曲は、竹内まりやの『静かな伝説(レジェンド)』だった。
 永井自身の生きざまを、まさに投影したかのような歌詞。永井本人も「ここ最近の自分の立場とぴったりくる」と話す、お気に入りの曲だ。サポーターも知ってか知らでか、スタンドに掲げられた横断幕には、「ありがとう静かな伝説」「THE LEGEND HIDEKI NAGAI」と書かれていた。

f:id:tiroru17:20161227134928p:plain

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2015/10/17/44_3/

から引用

 

「横断幕に書かれたあの言葉を見つけたときは、ほんとにうれしかった。自分自身の中では、ヴェルディの”レジェンド”と言えばラモスさん。ラモスさんの功績と比較するのはもちろんおこがましいけど、『レジェンド』と呼ばれる資格をもらえる立場になれたことは、本当にありがたく、光栄に思う。

 

 だから、あのときは『偉大なるレジェンドの中に、自分も入れたのかな』と思えた、本当に幸せな瞬間だった。また同時に、これからの新しい人生、恩返しの意味も込めて、『まずはヴェルディを必ず再建してみせる』と、強い決意と覚悟が生まれた瞬間でもあった」

 

引用元 全文はこちらから 長いですがおすすめです。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2016/12/26/___split___45/

 

 

この人に対しての世間の注目はあまりにも低かったです。

まあ、仕方ないですが・・・

カズより出たら何かしてくれるっていう、そんな雰囲気を持っていた選手でした。

この年でそれがどれだけのことか。

 

何ひとつ、夢は叶っていない。だから45歳までやれた

しびれますね。

 

ヴェルディの再建に携わってほしい。

たとえ、夢が叶わなくてもいいから。

 

 

広告を非表示にする