Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

欧州リーグの指揮官で最も高給取りなのは?

 

3位:ジョゼ・モウリーニョマンチェスター・U)
月給:136万ユーロ(約1億7000万円)



 マンチェスター・Uの復権を託されたジョゼ・モウリーニョ監督には高額の給与が支払われていると話題になったが、3位にとどまった。サッカー界の流れは速いものだ。プレミアリーグで3位ならチャンピオンズリーグ(CL)出場権が得られるが、今シーズン、そこまで行けるだろうか。



2位:ジョゼップ・グアルディオラマンチェスター・C)
月給:148万ユーロ(約1億8000万円)



 バルセロナ出身のフロントが多いマンチェスター・Cに呼ばれたジョゼップ・グアルディオラ監督。彼の哲学で組まれたチームは、意外にもプレミアリーグでの適応に時間がかかっている。「お金」ではトップであるだけに、CL出場権だけは逃したくないところ。



1位:ルイス・エンリケバルセロナ
月給:156万ユーロ(約1億9000万円)



 トップに躍り出たのはバルセロナルイス・エンリケ監督だった。クラブの哲学を重視しつつ、世界最高の3トップ“MSN”を生かしたシンプルさを加えた。結果を求めた改革の成功、そして相次ぐ脱税疑惑によるチーム内の混乱を抑えている手腕は、当然評価に値するはずだ。

 

引用元 全文はこちら

http://news.livedoor.com/article/detail/12466830/

 

 

まあやはり、実績とお金持ちクラブの監督という感じですね。

ファーガソンとかどれくらいもらってたんでしょうね。

しかし、やはり欧州の監督もトップクラスは規格外ですね。

選手のトップよりももらっているチームの監督もいそうですね

シメオネとかベンゲルとか・・・

 

 

 

広告を非表示にする