読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

足りない「経験」…退任風間監督、川崎Fは「完成しきっていないチーム」

 

 川崎フロンターレはまたもタイトルに届かなかった。ただ、この試合を最後に退任する風間八宏監督は「悔しいですけども、たくましくなった選手を僕は誇りに思う」とイレブンの健闘を称えた。

 

 19冠を達成した常勝軍団と、初タイトルを前にもがき苦しむ川崎Fとの差は何か。ここまで来れば言葉では表しきれないのかもしれないが、風間監督は「経験」だと話す。「選手層が厚くなっている途中のチーム。まだまだ完成しきっていないチームですが、伸びしろがすごく大きいチームだと感じている。それに尽きるのではないでしょうか」と前向きに未来を語った。

 

引用元 全文はこちら

http://news.livedoor.com/article/detail/12489576/

 

伸びしろですねぇ!!

・・・

しかし完成しきっていないというより、完成しようがなかった気もします。

特にディフェンダー陣が非常に大きな役割があるので・・・

鹿島にあんなにカウンターやらせちゃだめなんですよね

あのサッカーやるんなら、鹿島のような相手にセカンドボールをかなりの割合で拾わないと。

 

ただ、鹿島のフィジカル。この点ですよ

鹿島はやはり明らかにフィジカルが強い。

決して強くないですよ鹿島は、このフィジカルの点以外は。

 

連戦も大変だったと思いますが、

これだけの長いシーズンで、結局フィジカルの調整も全く問題なかったと。

延長はむしろ川崎がバテてしまいましたから。

 

今Jの上位陣はボランチに守備がまずできることを前提にしていない

選手を起用していることも

鹿島に食われて行ってしまった理由の一員だと思います。