Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

とりま中断期間ということで、各チームのこれまでの印象。下位編

おひさ、

 

今年はJ2が鬼のようにわからないので触りたくないけど

触って痛い目見てるよ。

 

J1のほうがぜんぜん理解できる結果になるなあと言う感じ。

 

今回はたまには記事書こうと思ってね

 

おもいつくままにでも書くから、とても読みにくいと思うよ。

 

札幌

まあまあなチームだと思う。

でもそうさねえ、やっぱCBが物足りないかなあ。

都倉が居るから成り立っている。

あとは、福森か・・・

ジュリーニョの怪我が痛いなあ。彼の稼働率今季かなり低いよね。

攻撃で違いを見せれない分、最初から割り切るしかないのがね。

ただ、補強した選手はわりと走れて守備ができるので、なんとか・・・

WBもJ1じゃちょっと厳しい気がする。

全体的にここで勝負ってのが福森と都倉だけっていう。

 

ジェイの補強はいいと思う。

彼は結構下がって組み立てに参加するタイプだし、

そのスペースを使える選手もいる。

クロスにも抜群の強さがあるし、

キープ力もあるから、彼が残り半分機能すれば・・・

 

新潟

攻守に物足りない。

特に山崎は決定力はないから思い切って外したらいいと思う。

とにかく決定力、ホニ、ガリャルドあたりになんとかしてもらいたい。

基本的に構成がJ1レベルじゃない。

舐めてるのかって感じ。Wシルバの代わりがひどい。

特にロメロ・フランクなんて取ってなにしたいのか謎。

CBが特に層がひどいけど、補強する磯村とかも物足りないから

本当に金ないんだなと。

ロペスに2億とか嘘だろ。

ほぼ間違いなく降格する。

 

広島

メンバーはわるくないけど、

塩谷も出たし、ディフェンスは物足りない。

結局1トップにも問題があるけど、金をケチった広島がわるい。

アンデルソンロペスは外人としては微妙だし、

連携がうまいとは思えない。

工藤もシャドーよりの選手で結局補強がパトリックとか

センスなさすぎ

ポゼッションして勝つなら

中央で起点がつくれねぇとどうにもならねえって

外も使えないんだからさ

選手構成も3-4-2-1用の構成にしすぎたね。

新監督も3-4-2-1を使うしかないかもしれない。

違うフォメを落とし込むにも時間は掛かりそう。

十分、そのまま降格する可能性ある。

 

甲府

結局、FWの問題がどうなるかってことだと思う。

メンバーなりに頑張っていると思うけど、中盤でもう少しキープできる選手がいるといいかなあ。堀米にも期待したい。

ポゼッションする時間を増やせれば少しづつ勝ち点を拾えていくかなあ。

なんにしてももうハードワークしかないけど、

残留できるかは最後の最後までもつれ込みそう

 

大宮

大宮は下位には珍しくポジティブな面が多いかな。

瀬川が復帰する時期がいつになるか知らないけど、

まあ、江坂が怪我しなければ・・・

やっとメンバーなりの実力が出せているし、スタメンも出るべき選手が

出てきているのかな。

家長を失った影響からやっと抜け出した感はある。

残留は高い可能性ですると思う。

 

ベガルタ

ベガルタは十分に脱落していく可能性はあると思う。

永戸の怪我が痛いなあ。

多分今季はもう出てこないし、WBは弱い。

3バックを継続していくだろうけど攻撃力が高いわけじゃないから

失点先行していくと・・・

渡辺監督の力量が問われると思う。

 

エスパルス

CBには問題ありあり、犬飼がせめて戻ってくればいいけど・・・

怪我繰り返して、守備は読めない。

攻撃面はまあまあで、前の選手が守備をサボらなければ、

まあ残留していくかなと。

もうちょっと試合中に緩急をつけることをボランチあたりが覚えるといいかなあ。

自分たちでペースをつけていければ、馬鹿な試合展開は減っていくかと

カウンター主体で戦った方がいいとは思う。

構成的には。だけど持とうとするから試合としては読めない結果になる

可能性が高くなりそう。

 

鳥栖

鎌田の移籍は多分わかっていたんだと思う。

鎌田も他所のJ1とかを経験してから海外行けばいいと思うんだけどな。

まあ、多分試合大して出れないと思う。

 

それはそれとして、彼の代わりは小野裕二がやればいいけど

豊田が結果を出せていないほうが問題ある。

谷口の怪我も痛い。

まあでもメンバーはそれなりなのでそれなりの順位に落ち着くだろう。

ロースコアの試合が多くなりそうな気がする。

なかなか勝ち点3は少なくなりそう。

 

FC東京

このメンバーで下位グループとか悲しいね。

でも、これ以上のチームはメンバーも揃ってきて、個の能力以外の要素が

大きくなっていくから、その組織としての能力が低いFC東京

この順位が妥当。

何人か補強しているけど、篠田監督次第なんじゃないかなあ

そもそものメンバーは揃っているし。

これ以上の順位に行くなら、連動と我慢がキーワードになってくると思う。

 

 

まあ簡単な感想下位編はこんな感じ。

降格予想は新潟仙台広島

 

しかしこんなもん書いてもしょうがないね

上位編はないかな。

そもそも今季試合全然見てないし。

ブックメーカー関係の商売は詐欺が多すぎる。

ちょっと書きますよ

このブログで、(このブログの主についてべつに否定的なわけではない、よくしらんしさ)

【重要】メルマガと情報商材そしてUnder投資法の闇|ブックメーカー投資で稼ぐ大学生のブログ

 

海外で人気のブックメーカーは「ギャンブル」か「投資」か - 新刊JP

この記事について触れられていて

この記事内で

ラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門

www.amazon.co.jp

この本の内容を紹介されてます。

 

でね。

まあこれはどうせくそみたいな内容だろうからいいですよ

 

ちょっとそもそもの話なんですけど

この本を紹介しているサイトは掲載することによって利益を出しているんです。

いい本だから紹介しているんじゃないんですよ、単なる広告業です。

ということ

 

そしてアマゾンでの評価ですが、

こんなもん明らかに不正を行っていること。

(それがわからない人は多分この後の文も読んでも仕方ない人になってしまうと

思います。読まなくてもいいです。伝わるか自信がない。)

 

この2点についてはもう説明しなくてもわかるだろうさ

明らかにバカ相手の商売で

まあそれは商売の基本となっているのがこの資本主義の拝金主義の

くそみたいな社会でございますが・・・

 

で、まあじゃあ

よくある手法というものと

オーバー、アンダーというありふれた賭け方について少し考えましょう。

 

まず手法ですが

要は「賭け方」のことですよね。

 

ヨモギウスが手法は儲かる、それは安定しているからみたいなことを書きます

で、例えばアンダーにしろオーバーにしろ

手法が儲かるっていうのはなんで安定して儲かるかってことを考えると

要は、こういうデータの時はこう賭けましょう。

っていう基準があるってことなんだと思います。

 

自分の主観で賭けなくていいってことですね

だから初心者でも儲かりますよ、と。

こういうことがいいたいのだろうと。

 

で、彼は例えばブロガベットなどの予想配信者や

その予想を更に配信するような、仮に2次配信者とでもいいましょうか。

(こういうことをシているクソやろうさんのサービスを紹介している

ブログもあるんですけど、ここではまあいいです。)

 

そういうサービスは自分が賭けるときは

オッズが下がっちゃって儲かんないよ。

とかいうわけです。

でもね

これは手法でもおんなじでね、

おんなじ賭け方をすればオッズは下がるんですよ。

当たり前の話だけど。

 

何を基準にしてようが、同じ賭け方をする時点でオッズは下がるわけだ。

じゃあですよ。

仮にその手法を知っている人が

その手法を公開することによってなんの利益があるんです?

 

例えば私がそんな手法を知っていて

商材を作って売りました。

買った人がその内容を無料でネット上に拡散するかもしれないし、

売れれば売れるほどその手法にそって賭ける人が増えて

オッズが下がって儲けられなくなる。

 

基本的に意味がないんですよ。

手法って

誰にとっても。

商材自体で自分だけが儲けを出すことを目的としていなければ

 

手法ってデータを基準にすると思うんです。だいたいは。

でもね

そもそも私は個人でやるぶんには数字によるデータは当てにしないんですよ

全くしない。

例えばAとBが戦います。

過去AはBに10年間負け無しだとか、

Aは平均1試合2ゴールしているだとかあてにしないんです。

 

なんでかっていうとですね

データで勝負するっていうのは個人でやるには単純に分がわるいって

思っているんですよ。

データを活用するプロフェッショナルな人たちや

それに付随する人たち

そしてブックメーカー

どれと勝負してもデータでは勝てるとは思わないし、

そもそも、結果に付随しているデータが何か?

ってことがわからないんですよ。

 

ここでもヨモギウスが書いていたことをひっぱりますけど

こんな感じのことを書いていました

 

主観で賭けること人は10連勝した後に

20連敗するかもしれない。

でも手法はそんなことはない。

 

よくわからないんですよ彼の言うことって

そもそもなんで手法で賭けたら10連勝した後に20連敗しないの?

 

そして彼自身が初心者か、もしくは初心者を狙ってこう書いているのかは知りませんが

本当にベッティングで勝てる人間はこういうことは書かないんですよ。

 

 

 

だってその10連勝で20連敗で失った額より

儲かっていて、その儲けに満足していればなんの問題もないんだもの。

 

 

そもそも勝ち負けの数なんて関係ないんですよ。

要は利益の問題なんです。

 

発想からしてヨモギウスさんっておかしいんですよね。

初心者じゃないんなら10連勝とかw

なんの話してるんです?って感じなんですよ

 

 

まあ今回はこんな感じで オーバー、アンダーについてはめんどいからいいや。

ばいば~い

 

 

 

 

 

へろーおひさしぶりに (あっまだヨモギウスいるん・・・?w

はーいこんにつわ

 

ひさしぶりになんか書こうと思います。

さてさて、ひさしぶりににほんぶろぐ村とかのぞいたら

まだヨモギウスさん頑張ってるんやねー

 

このひとちょくちょくサイトのデザイン変えてね?

まあ私も最初のころはちょくちょく変えてましたけどねw

 

しっかしなんだこのクソダサいデザインは・・・

どうせ詐欺みたいな商材売ってるんでしょうけど、

なんで揃いも揃ってこの手の商材ってクソダサいんでしょうね・・・

 

ヒストリーも相変わらずbet365のヒストリーを挙げてるし・・・

bet365は勝つ人は歓迎していないじゃん。

まあこのひとまだ弾かれるほど勝ってないんだろうけど・・・

ゆーて私も弾かれてないけどねw

 

bet365はあんま使わんです。

 

さてそんな彼も

www.youtube.com

まあしょうもない動画あげてますけど

あらかじめいいますけど、飛び飛びで見たんで把握しきれて

ないんですけど・・・

なんか

ザ・ブックメーカーズ?でしたっけ

のことについては

あれは予想を挙げて、

当てた人に5ユーロとかで賞金上げるみたいなやつでしたね

で月間1位は50ユーロだかでしたっけ?

 

あれはスポンサーがいてそこから賞金出してるのか、そういう体で

自腹で出してるのか知りませんけど

サイトのSEOを上げる効果と

アフィリエイト収入を上げる効果を狙ったものですけど、

まあ、ブックメーカー界の底の浅さが露呈した企画だなあとしか

思いませんね。

だって、あれ盛り上がってる?

微妙やんなあ・・・

 

ブロガベットとかの予想配信についても触れてるけど、

あんなん私もサイト内のどこかで書いてるし、

別に普通に考えればわかることで

隠してるとか言わないとかwww

単にあたまが働いてない人とか、考えてない人以外なら

そりゃそうだろとしか思わんと思いますよ

 

じゃあどうするの?

ヨモギウスの商材買うべしwww

アホか??

そうなる人もいるのか・・・?(困惑)相当アレだなw

 

ゴールデンコンパスとかいうしょうもないグループがいるらしいけど

買っている人間がいるんなら

ブロガの予想履歴出してくれよ~~~www

優秀な勝っている人がいるんだろ~~~???

 

ブロガなんて予想を公開しないで勝ち負けだけ他人から見えたりすること

できるじゃんかよーwww

 

まあ、お察しですわ

あとなんかいうことあったっけかなーー

 

他にも動画あげて、みんなお金払って会員になってよー

いまがチャンスだよー!!とか一生懸命アピしてますけど

どう考えても詐欺やんけ!!wwwww

 

だいたい勝っている人間がなに一生懸命

会員募集してお金を集めないかんねんwww

 

もーwwwわらかすなや

 

まあ、ブックはピナクルでもマックスベットで10万も賭けられないはず(J1ね)

やから、どんなに勝てる人間でも稼ぐには限界はあるけどね

でも一ヶ月で数百万とか数千万稼ぐ必要ないしなあ・・・

私はできないな、誰かと組まない限り。

つーか本当に勝てる人間は数百万くらい稼げるだろうけど

そしたら、こんなしょうもない商材売らんよなあ・・・

 

あと事前でも勝てるよ

べつにふつーに。

ていうかベット自体は事前が一番楽しい。

ライブの賭けは個人的には金稼ぎのため感が強くてあんま楽しくはないんよねえ・・・

 

ま、今回はこんなかんじで、ばーいばい

 

 

 

 

 

たまにはなにか書こうかなということで。

はい、こんにちは。

 

このブログはほったらかしていますが、

まあいずれ再開するか、移転します。

 

今日はリーグ開幕が近づいてきましたし、なんとなく、少しだけ。

リーグ開幕までにはこのブログをもう少しマシな形にしたかったのですが、
長く続けていくとなると、ちゃんとしたほうがいいのかな。
という点もありで

開幕までに再開することはないです。
それに、移転といっても、このサイトとは全く別で作ろうかなと思ってます。

それを告知するようなことも多分ないです。

まあ、このサイトはまともに更新しだしてから短いですし、
あまり意味がないと思います。

 

ブックメーカー関係は相も変わらず詐欺みたいなブログばかり目立っていますね。

まともなサイトも、少しとっつきにくいものばかりな気がします。

 

ま、別に良いんですけどね。口出すことでも本来はないので。

 

さてJリーグは今年はなかなかおもしろそうです。

特にブックメーカーでは、いままでのデータがブック側に通用しないところがあるでしょう。

 

それを修正するのに少し時間がかかるのでないかと思っています。

とはいえ、こちらがわにとってもよくわからんくなっているところですが。

 

鹿島がやはり良い補強をしているとは思いますが、

現段階では3位以上に入ってくるであろうチームは

甲府コンサドーレベガルタ、新潟以外はチャンスがありそうかな。

清水とセレッソも厳しいかな。3位以上は。

そんな感じですかね。

 

あとのチームはもしかすると3位まではあるかな。

という感じですね。

 

個人的には今年は勝負の年かなと思っています。

来年もブックをやるかはわからない感じで、
そもそもブックが規制されたり、続けることが困難になってもべつに
驚かないですしね。

 

さて、何にせよ、楽しみではあります。

 

 

うん、いつ再開するか、わかんない。ていうか移転するかもよ。

うーん、だめだこりゃ、ちょっと移転含めて考え中。
ていうかやっぱ自分には難しいから、いろいろ。
ちょっとどうなるかわからんねこりゃ。

 

すいません、まだ休止中です

すいません、多忙によりまだ休止しております。
ちょっと、多忙です。
最も長くて後2週間くらい再開までかかるかもしれません。
流石にそこまでかからないとは思いますが・・・さてさて。

休止中です

すいません、やはりどうにもやりたいことができていないので、

少しの間休止にします。

1週間以内に再開するとおもいますので・・・

 

まあリーグ戦のない今のうちのほうが色々と手をつけやすい時期ですので

もし見ている方がいればと思い

一応ご報告させていただきます。

20170112ピックアップニュース

 

 

抜粋

J1新潟は10日、急性白血病と診断され闘病しているDF早川史哉(22)との選手契約を、トレーニングが開始できる期間までいったん凍結することを発表した。理由は治療に専念するためで、クラブは病気の寛解とピッチへの復帰に向けて、今後も全力でサポートしていくとしている。

 契約凍結は早川本人、家族と協議のうえで決定したもの。復帰のめどがついた段階で、双方協議のうえで改めて契約を履行するという。

 

若いのに大変ですが、ピッチの上に立つことを夢見て頑張って欲しい。

 

 

 

抜粋

10月に入って榎本はフロントから呼ばれた。彼は期待した。契約更新を勝ち取ることができたんじゃないか、と。

 

しかし横浜の提示は、意外なものであった。
それは、来年の単年契約とコーチ兼任。
「あなたはいいプレーをしています」と頑張りを評価されたとはいえ、「コーチ兼任」とは一体どういうことなのか。GKとして高みを目指し、レギュラーを勝ち取ってきた自負がある。その状況で今、引退を考えろ、というのか。いくら頑張っても、来季限りで選手契約は更新しないということなのか。
期待していただけに、失望が広がった。

 

彼は浦和からオファーがある時点でわかるでしょうが、リーグでも屈指のGKです。

昨季のプレーも良かったのに、なぜコーチ兼任なのか本当にCFGは不可解。

 

 

 

抜粋

また、横浜FMのクラブ公式サイト上では「今年で32歳を迎えるにあたり、あと何年、現役選手としてプレーできるかを考え、サッカー選手として、後悔のない終わり方をするためにはどうすればよいかを悩み抜き、最終的に移籍を決断致しました」と経緯を説明。

 

 そして「これからは対戦相手となりますが、常にマリノスのことを気にかけずにはいられないだろうなと思うと同時に、新たに自分の挑戦を受け入れてくれたクラブを大事にしていきたいと思います。チームメイト、スタッフ、会社の皆さん、ファン・サポーターの皆さんをはじめ、今まで自分を支えて下さった方々には感謝の言葉しかありません。9年間、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

どんだけマリノスに居ることが後悔しそうなんでしょうねw

栗原は残りましたが、それ以上に残って欲しい選手たちが離れていくのは皮肉。

まあ栗原は戦力として・・・は正直微妙ですので。

 

 

 

抜粋

 大前はクラブを通じ「アルディージャは勢いがあって未来のあるチーム。自分をすごく評価してくれたことに感謝している。攻撃的で魅力的なサッカーだと感じたので、そこで挑戦したいと思った」とコメントした。

 

 14年にC大阪から大宮に加入した横山は昨季19試合で1得点。「新天地でいろいろな経験を積んで一人の選手として成長したい。離れるのは寂しいが札幌で頑張ってくる」とコメントした。

 

大前・・・お前本当にここで移籍していくんか・・・

ひでぇなこら。まあFWは金子と北川もいますけど、少し頼りないでしょう。

ウタカ戻すべきですが、ウタカとチョンテセはプレースタイル的に合うかなあ

横山は動きがトロいので放出していいと思います。

大宮にはあまり合わないと思います、主に守備面で。

 

 

 

抜粋

「自分のドイツ語は汚いですから」と笑いながら話す宇佐美は、問題なく周囲とコミュニケーションを取れている様子だ。それでもマヌエル・バウム監督のニーダーバイエルン方言は難しいようで、「監督にはバイエルン語を勉強しろと言われました」と冗談を交えつつ明かしている。

 

昨年末の監督交代で状況が大きく好転した宇佐美。昨夏に加入してからの時期については「アウクスブルクでの最初の6カ月間は難しかったですね。毎日良いトレーニングをして準備していましたが、もっと多くプレーしたかったです」と振り返っている。当初の課題について聞かれると、「(12月に解任されたディルク・シュースター)監督にではなく、自分に問題があったのかと。最初の1カ月は日本でのシーズンのあと、ほとんど休みがなかったため、コンディションが悪かったので」と返答し、「(新しい)プレースタイルや生活に慣れるのに苦労しました」と新しい環境にスムーズに馴染めなかったことを認めている。

 

方言かー、各国あるんでしょうけど、日本人みたく標準語も普通に喋れるんですかね。

 

 

 

抜粋

中村俊輔が、イタリアメディアが選出する「歴代ベストFKキッカーランキング20」で、現役選手ではトップとなる5位にランクインした。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が選出した。

 

2002年からイタリア南部のクラブ、レッジーナで3シーズンにわたってプレーした中村が、5位にランクインした。記事では「37歳になった今も完璧な放物線を描くことができる日本のマスター。レッジョ・カラブリアレッジーナの本拠地)のスタジアムでは、彼がボールをセットして歩み寄る時、サポーターはすでにゴールの喜びで抱き合った」と、左足から描かれる美しい軌道を絶賛している。

 中村より上位の4人は、すでに引退している名手が並んだ。1位はリヨンなどで活躍した元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の日本戦では流れの中から無回転ミドルを決めたが、セットプレーの名手として知られた。30メートルを超えるような距離からでも強烈かつ正確に射貫くショットは、世界中に衝撃を与えた。

 

ジュニーニョは本当に異常。あんだけ安定して長距離で無回転の威力のあるFK

蹴れるのはどうしてなんだ。

ああいう選手、他に知りません。

 

 

 

抜粋

2017シーズンの契約締結にあたり、シモビッチは以下のようにコメントしている。

「昨シーズンはファン・サポーターの皆さんをはじめとしてたくさんのサポートいただきありがとうございました。今シーズンも名古屋グランパスの一員として、皆さんの前でプレーできることを幸せに思います。J2で優勝し、J1へ復帰するため自分にできる全てのことに取り組んでいきたいと思います。皆さんに一つでも多くの笑顔をお届けしたいと思います」

 

風間監督はシモビッチ的な選手が一人は欲しかったんだと思うんです。

川崎時代の選手の獲得を見るに・・・

シモビッチはでかいだけじゃなく、走れる方だし、足元もあるほうなので

彼をどんなふうに使うのかは非常に興味があります。

でも、先発でつかうのだろうか。

 

 

 

 抜粋

モンテディオ山形は9日、MF佐藤優平が左ひざ関節前十字じん帯損傷と診断され、手術を受けたことを発表した。

 発表によると、手術を受けた佐藤は全治6カ月程度との診断を下された。2017シーズン前半戦は離脱を強いられる見込みとなった。

 

足は遅いけど、運動量があって、キックも正確で結構いい選手です。

そう考えると、柏木っぽいな・・・

柏木みたいな選手になれるかは技術を突き詰めれば可能だと思いますが。

 

 

抜粋

昨季はJ2リーグ戦34試合10得点。「日本サッカーを経験したことが、選手としても、これからさらに、自分を成長させてくれると信じています」とコメントした。

よかった、エウトンとは更新しないのね。

エウトンはちょっと外国人FWとしては微妙すぎる。

 

 

 

ギャンブル依存症って、本当はごく一部の問題なんだと思います。

しかもカジノのまえから問題だったわけで、

なんでカジノができたからこんなに問題になるんだろう。

まあ良いことだとは思いますが、殆どの人に必要のない制度で、

全ての人を必要以上に管理するのは、なんだか嫌な感じ。

 

 

中澤祐二 サッカー選手として

www.youtube.com

中村俊輔も退団、どうなる横浜FM。揺らぐ名門はゼロからのチーム再建

成績不振だった指揮官は続投。その一方で功労者には……


 名門の迷走が止まらない。

 

 Jリーグ創設時から存在する“オリジナル10”のうちの1つであり、これまで一度もJ2降格を経験したことのない横浜F・マリノス。そんな日本屈指の名門クラブが崩壊の危機に瀕している。

 

 クラブの象徴だった中村俊輔榎本哲也の退団が、その迷走ぶりを物語っているだろう。彼らは本来なら横浜FMで現役を終えるべき選手であり、クラブが正常な状態であれば退団を決断することはなかったはずだ。

 

 そもそものきっかけは、2014年から提携しているシティ・フットボール・グループ(CFG)とクラブ側の意識の違いが大きくなってきたことにある。

 

 最たる例は、エリク・モンバエルツ監督の去就問題だ。昨季、来日2年目を迎えた指揮官はJ1で10位に終わり、1年目の成績を下回った。それだけでなく1年目に用いた堅守速攻の形を捨て、新たに中途半端なポゼッションを導入したことや、練習方法、選手起用などに問題があった。

 

 若手を積極的に登用したという数少ないポジティブな要素こそあったものの、一部の選手たちは不満を募らせていき、モンバエルツ監督の求心力は失われていった。そして3年目を迎えるにあたって監督交代があると思われていた。

 

 ところが、結局はモンバエルツ監督の続投が決定。CFGの意向が強いと見られている。ここ10年で最低の成績を残した監督が指揮を執り続けることに、選手だけでなくサポーターからも不満が続出した。

 

 新シーズンに向けた契約更改時にも問題が起きた。長年クラブに貢献してきた元日本代表DF中澤佑二に対し、大幅な減俸を提示。38歳にして3年連続全試合フルタイム出場を果たし、第一線で活躍できることを証明している選手に、提示された額はふさわしくなかった。

 

 さらに横浜FMを長きにわたって支えてきたベテランスタッフたちも、その多くが契約満了を告げられてクラブを去ることになった。チーム強化に関する権限を持ち、契約更改などを主導するというCFG側の担当者とクラブ側との間に溝ができているのではないか。

 

引用元 全文はこちら

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010017-footballc-socc&p=1

 

有名なのは、使わない選手や、移籍が決まった選手に対してねぎらいが全くない

だとか、トレーニングマッチを一切しないので、サブの選手は試合を経験する

ことが少ないことですか。