Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

トップ下で試行錯誤続ける大迫「もどかしさもある」

 

ブンデスリーガは21日、第16節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでレバークーゼンと対戦し、1-1で引き分けた。大迫は2トップのトップ下でフル出場。「いい時間帯に点を取れたけど、あの時間帯にああいう感じで失点したら勝てないかなと思う」と、前半終了間際の失点を悔やんだ。

 前半21分、DFフレデリク・セーレンセンの右クロスにFWアントニー・モデストが豪快な右足ダイレクトボレーで合わせ、先制したケルンだが、同44分に後方から飛び出してきたDFウェンデウを捕まえ切れずに失点。最後まで2点目が遠く、3試合連続の1-1ドローに終わった。

 トップ下でプレーした大迫は「中盤の感じでしかできなかったので、そこはもどかしさもあるけど、やるべきことをやらないといけない自分もいるので」とジレンマを抱えつつ、「攻守の切り替えのところで守備から攻撃を早く展開しようという話は監督からも言われていた。あそこでうまくつなぐことはできたけど、そこからもうちょっとアイデアが欲しかった」と貪欲に取り組んでいる。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/12451069/

 

チーム事情もありますし、結局トップ下で収まっていきそうなんですよね。

私はこうなっていくのを憂いていたわけですが。

まあもちろんトップ下でいわゆるかっての本田のように

タメやキープからのプレーをしてもいいですけどね。

でも、そうなあ代表のことはやっぱ別に考えないとかなあ。

 

個人的には代表とクラブで同じポジションをやってほしいという・・・

他の選手にも言えますが、クラブはクラブで考えれば

まあ別にトップ下でもどこでもいいと思います。

 

 

広告を非表示にする