Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

グレートマーチンゲール法とは

 

グレートマーチンゲール法は、マーチンゲール法を強気にしたもので、

例えば

 

最初に10ドルを2倍のオッズに賭けるとします。

これに勝つと10ドルの利益ですが、

 

これに負けた際

この最初の投資額である10ドルと

その10ドルの2倍を足した額を2倍のオッズに賭けます

つまり10ドル+20ドル=30ドル

これに勝つと全体で30ドル✖2-10ドル=20ドルの利益になりますね?

しかしここでも負けると

 

最初の投資額の10ドルと

前回の投資額全体の30ドルを2倍にした額を

合わせたものを2倍のオッズに賭けます。

 

つまり70ドルを賭けるので勝つと140ドル

これまでに賭けて外した額を引くと30ドルの利益になります。

 

つまり当てた時の利益が2回目3回目になると

最初に当てた際の利益の2倍3倍になっていくのがわかります。

 

もちろん賭ける額もどんどんと増えるわけですが、

全体として例えば10回この方法を試したとしましょう。

1回目で勝つこともあれば2、3、4回目に勝つこともあったりしたとします。

 

しかし最後のところできっちりと勝っていれば

最初に設定する目標利益を10回分きちんと得ることができます。

これがマーチンゲールとの最大の差で

マーチンゲールは2回目3回目に当てても、

当初の目標利益にしかなりませんが、

グレートマーチンゲールは目標利益の2倍3倍になっていくという点で

きちんと最後に当てて回収すれば、賭けた回数分の目標利益が得られます。

 

ただマーチンゲールよりも投資額が増えていく速度が速いです。

それにマーチンゲールが抱えている資金やマックスベットの問題を解決しているわけ

ではありませんので、

同じような限界があります。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする