読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグのサッカーのブログ、totoの予想からブックメーカー投資まで、

連絡先はお手数ですが、nearniya☆live.jp ☆を@に変えてメールください 免責 このサイトによっていかなる損害を与えたとしても一切の責任を問わないものとします。 このサイト重いかもです、ごめんなさい。それ以外の使いやすさを優先しています。

ブックメーカー側とのやりとりは、基本的に自分でなんとかするつもりでいること。

 

ブックメーカーは別に日本人向けのサービスというわけではありません。

だって日本の企業じゃないんですもん。

なので、日本語を担当している人がいない、

もしくは常時いるわけではない、ということがままあります。

 

当然、日本語でコンタクトを取っても、返信がなかなか来なかったり、

もしくは来ないことも十分ありえます。

 

ですので、英語ができようが、できまいが

とにかく英語でなんとかしたほうが早いわけです。

 

しかし、英語ができない場合はどうするべきでしょうか?

英語のできる人に頼む?現実的ではないですね

なかにはそういう困った人を助けてくれるブックメーカーのサイトもあるかも

しれませんが。

あなたの求める答えが書いてない場合もあるでしょう

 

個々人の質問にブックメーカーを紹介するサイトの管理人などが

答えるというのは現実的とも思えませんし・・・

そんなことを無償でやってくれる方が居るとしても

そのような方に助けてもらうのは

まずあなた自身が解決する努力をしたあとのはずです。

 

どちらにせよあなたがまずなんとかするつもりでいることです。

お金を直接支払うわけでない場合は特にです。

ただただ、与えてくれというスタンスは持つべきではありません。

 

その姿勢はブックメーカーで利益を出すという意味でも

持たないほうがいいです

 

今は自動翻訳のサイト

 

Yahoo!翻訳

エキサイト 翻訳

 

こういったサイトもございますから

 

自分で翻訳した文を送り、

送られてきた返答を翻訳し

そうやってコミュニケーションを取ることを推奨します。

 

コツとしては自分から送る文は

長文を避け、短い文の積み重ねで

自らの言いたいこと、聞きたいことを書いていくことです

 

そうすることによって、自動翻訳の粗い部分は大分ごまかせます

相手からの文章は、自動翻訳にかけてもよくわからないことがありますが

そこは翻訳された分と、英文を見て、なんとなく想像したりするしか

ないでしょう。

 

返答する人も同じでない場合が多いわけですので

同様の質問をしても、同じ対応、同じ返答というわけではありません。

我慢強くコミュニケーションをとることをお勧めします。

 

もちろんそういった努力をしたあとでしたら

私の方でもメールをくださればお答えすることができることもあるかもしれません。

 

ただ私自身が正直中学レベルの英語の使い手なので

なんとかなるとは思いますが。

ただまあやりとり自体はなんどもしていて、基本的にだめだこりゃ

コミュニケーションとれないわ・・・ってことはなかったですけどね。

 

どうしても嫌ならウィリアムヒルを使うといいですよ

あそこは日本語でもまず対応してくれます。

流石世界3大ブックメーカーです